あなたの人生を変えるイギリス留学・YMS・ホームステイを現地ロンドンから安心サポートするイギリス留学エージェント「留学@UK」
営業時間:平日09:00-17:00(イギリス時間)17:00-01:00(日本時間)

イギリス大学留学

世界を先導する研究者による質の高い大学教育

世界を率いる高品質な教育

イギリスには約170の高等教育機関*があり、その全てがイギリス政府による厳格な審査を受け、管理されています

世界を率いる研究者による質の高い教育を受けられることがイギリス大学留学の魅力の一つです

最先端の研究設備や膨大な数の所蔵書を有するイギリスの大学は、学生だけでなく研究者にとっても魅力ある研究機関のため、各分野の先駆者ともいえる研究者が世界中から集まっています

研究設備と研究者・指導教員の両方が備わっているイギリスの大学への留学は「未来を切り拓く第一歩」となります

* 高等教育機関(Higher Education Institutions)は以下を含みます

大学(Universities):学士課程(Undergraduate)と大学院課程(Postgraduate)
専門分野教育機関(Specialist Schools):アートスクールやコンセルヴァトワール等

 

高等教育機関の名称として「University」の他、「University College」や「College」、「School」、「Academy」、「Conservatoire」等が使用されます

11世紀から続く伝統と革新

11世紀に英語圏最初の大学として発足した「University of Oxford(オックスフォード大学)」は数世紀に渡り発展を遂げ、現在の揺るがない地位を築き上げてきました

イギリスの大学は政府、王室、教会と密接な関係の元、現在の研究機関としての組織を構成してきました

1096年、日本がまだ平安時代の頃、イギリス・イングランド南部オックスフォードに大学が発足しました

日本初の大学、東京大学が設立されたのはそれから781年後の1877年のことです

12世紀から留学生を受け入れてきた歴史と実績があるイギリスの大学は、留学生を大学の一員として迎え入れる体制と充実のサポートが備わっている、まさに留学生に最適な環境といえます

英語圏最古の大学、オックスフォード大学の歴史

1096年 大学教育がはじまる(最古の記録)

1167年 University of Parisの学生がイングランドへ戻る

1188年 歴史学者Gerald of Walesが教鞭を執る

1190年頃 フリースラントからの留学生Emo of Frieslandを受け入れる

1201年 神学者John Grimがmagister scolarum Oxonieの称号を得る

1214年 cancellarius scolarum Oxonieの称号を得る

1231年 学者たちがuniversitasまたはcorporationとして認識される

1249 – 1264年 自治組織としての最古のカレッジ、University、Balliol、Merton Collegesができる

1571年 法令により正式名称「The Chancellor, Masters and Scholars of the University of Oxford」が定められる

個性を尊重するイギリスならではの自由度の高い課程

イギリスの大学学部(学士課程、Undergraduate)は通常3年間で修了し、卒業時に「Bachelor’s Degree(学士号)」を取得できます

2年課程終了後に大学を離れ、1年間のインターンシップや実務研修で経験を積み、合計4年で大学卒業を目指す「Sandwich Course」は卒業時に即戦力ある人材育成を目指すコースで、主にビジネスの分野で人気があります

2年課程終了後に交換留学先に1年間留学する「International Programme」や、学士課程に大学院修士課程を組み合わせた「Master’s Degree(修士号)」取得を目指すコースもあります

実務研修と交換留学を組み合わせた5年間の学士課程コースや、6年かけてMBBS(医学士号)とMSc(理系修士号)もしくは8 – 9年かけてMBBS(医学士号)とPhD(博士号)取得を目指す医学部コース「Intercalated Degree」もあります

通常は1つの専攻分野を選びますが、2つの専攻分野を組み合わせた「Joint Honours Degree」を選ぶこともできます

3年間の課程を2年間に短縮した「Accelerated Degree」で長期休みを減らし、1年早く学位取得を目指すコースを選び、学費と生活費の両方を抑える方法もあります

また、イギリスの大学教育は「University」だけでなく、専門学校・カレッジからの大学編入または大学学部課程を全て専門学校・カレッジで学ぶこともできます

留学生は学生ビザの制約上、Full time(フルタイム)課程のみ進学可能ですが、ビザが不要な学生はPart-time(パートタイム)課程を選択し時間をかけて大学で学ぶことで、仕事や学業以外の生活との両立を図ることもできます

大学進学前に1年間のGap Year(ギャップイヤー)をとり、ボランティアや仕事、旅行等の様々な経験を積んでから大学で学ぶこともできます

大学院(Postgraduate)への進学は学士号取得後すぐに進学する以外に、主に非英語圏の大学学部卒業者向けに学術英語とイギリスの大学院で求められるスキルを身につけるPre-Masters Course(大学院進学準備コース)を経由する方法や、専攻分野によっては関連する職歴を数年積んでからのキャリアアップのための進学も一般的です

イギリスの大学院は主に講義主体のTaught Master’s Degreeと、研究主体のResearch Master’s Degreeに分かれます

イギリスの多くの大学院のTaught Master’s Degreeは通常1年間で修了しますが、コースにより2年以上の課程もあり、仕事や学業以外の生活との両立を図りながら、Part-time(パートタイム)課程で数年かけて修士号取得を目指す学生も多くいます

Research Master’s Degreeは1 – 2年間の課程をかけて研究を行い、修士論文を提出後、卒業時に「Master of Philosophy(哲学修士号)」(略称:MPhil、エムフィル)が授与されます

大学によってはMPhilプログラム登録から1年から1年半後にPhDプログラムに編入(アップグレード)できる可能性があり、「Doctor of Philosophy(博士号)」(略称:PhD、ピーエイチディー)取得を目指す研究者に向いています

他にも、Master of Business Administration(MBA)やMaster of Research(MRes)、Bachelor of Philosophy(BPhil)、Master of Laws(LLM)、Professional Doctorate、Postgraduate Certificate、Postgraduate Diploma等を取得できるコースがあり、イギリスの大学院は非常に幅広いコース選択が可能です

イギリスの大学で学べる専攻分野

イギリスの大学で学べる主な専攻分野一覧です

複数の分野にまたがる専攻分野もございます

大学によりコースの名称や構成、内容が大きく異なるため出願前の入念なリサーチが必須となります

農学

動物科学
農学
林業・樹芸
飲食物研究
農業科学

建築・計画

建築学
測量学
景観・庭園デザイン
都市・農林・地域計画

生物化学

生物学
植物学
動物学
遺伝学
微生物学
スポーツ・運動科学
分子生物学・生物物理学・生化学
心理学

経営学・経営学・行政学

実務研修
経営学
金融学
経理
マーケティング
人的資源管理
ホスピタリティ・レジャー・観光・交通機関

コンピュータサイエンス

コンピュータサイエンス
情報システム
ソフトウェア工学
人工知能(AI)
健康情報学

アート・デザイン

ファインアート
デザイン研究
音楽
ドラマ
ダンス
映画学
写真学
工芸学
クリエイティブライティング

教育

教員養成
教育学
英語教授法(TESOL)

エンジニアリング・技術

エンジニアリング
土木工学
機械工学
航空宇宙
海軍建築
電子・電気
製造
化学
冶金
セラミックス・ガラス
ポリマー・テキスタイル
海事テクノロジー
バイオテクノロジー

英語学

英語学
英文学
地域・言語・文学研究
英語・クリエイティブライティング
比較文学研究
言語学

歴史学・哲学

歴史学
考古学
哲学
神学
宗教学
遺産研究

言語

言語学
比較文学研究
英語学
古代言語学
ケルト研究
ラテン語研究
ギリシャ古典研究
古典研究
フランス語
ドイツ語
イタリア語
スペイン語
ポルトガル語
スカンジナビア研究
ロシア・東ヨーロッパ研究
ヨーロッパ研究
中国語
日本語
南アジア研究
アジア研究
アフリカ研究
中東研究
アメリカ研究

法律

法律学
国際法
ヨーロッパ法
イギリス・フランス法(LLB & フランスの法律学位)
イギリス・ドイツ法(LLB)
イギリス・スペイン法(LLB)
イギリス・オーストラリア法(LLB)
イギリス・シンガポール法(LLB)
イギリス・香港法(LLB)
イギリス・アメリカ法(LLB & J.D.)
商法
人権

数理科学

数学
オペレーショナルリサーチ
統計学

医学・歯学・医療関連学

医学
歯学
臨床医学
臨床歯学
解剖学・生理学・病理学
薬理学・毒物学・薬学
治療学・健康学
栄養学
眼科学
口腔科学
看護学
医療技術

音楽

音楽
ミュージカルシアター
音楽教育
音楽・コミュニティー
ゲームサウンド・音楽
コマーシャルソングライティング
音楽業界
作曲
オーディオ録音・制作
音楽作曲・テクノロジー
サウンドエンジニアリング

物理科学

化学
材料科学
物理
犯罪科学・考古学科学
天文学
地質学
水生科学・地球環境科学
物理地理科学

心理学

心理学
応用心理学
児童心理学
臨床心理学
発達心理学
教育心理学
実験心理学
法医学心理学
社会心理学
スポーツ心理学

出版・メディア・情報管理

情報サービス
宣伝研究
メディア研究
出版

社会科学

経済学
政治学
社会学
ソーシャルポリシー
社会事業
人類学
人間・社会地理
開発研究

スポーツ

リーダーシップ
スポーツ行政・ガバナンス
スポーツコーチング
レジャー活動・管理
理学療法
観客安全
スポーツ・運動科学
スポーツジャーナリズム
スポーツパフォーマンス
スポーツ写真

獣医学

獣医学

Oxbridge(オックスブリッジ)に代表される世界トップレベルの大学

Oxbridge(オックスブリッジ)

英語圏最古の大学「University of Oxford(オックスフォード大学)」と1209年に創立された「University of Cambridge(ケンブリッジ大学)」の2大学はイギリスの大学の双璧ともいえます

University of OxfordとUniversity of Cambridgeは「Oxbridge(オックスブリッジ)」と併称されます

Oxbridgeへの出願は他のイギリスの大学への出願と大きく異なるため、特別な対策が必須となります

以下はOxbridgeが他のイギリスの大学への出願と異なる点のごく一部のご紹介です

どちらか1つの大学のみ出願可能

イギリスの大学学部(学士課程、Bachelor’s Degree)は通常5つの大学・コースに出願できますが、University of OxfordとUniversity of Cambridgeの両方に同じ年(アカデミックイヤー)に出願することはできません

通常より早い出願締め切り

Oxbridgeや医療系コースへの出願は毎年10月15日締め切りです

一般コースへの出願は3ヶ月遅い、毎年1月15日締め切りです

カレッジ制

Oxbridgeは大学への出願時に、College(カレッジ)を選択する必要があります

大学選択だけでなく、このカレッジ選択が合格への鍵となります

University of Oxfordには38のCollegesと6のPermanent Private Halls(Collegesとは厳密には異なりますが同様の制度です)、University of Cambridgeには31のCollegesがあります

カレッジは自治組織として大学に属し、大学での講義に加え、カレッジでの1対1もしくは少人数制のチュートリアルという個別指導が行われます

そのため、専攻分野により受け入れ可能なカレッジが異なります

書類審査と面接で合否が判定される

通常、イギリスの大学は書類審査で、成績と自己推薦文、推薦状等を元に合否を大学が決めます

Oxbridgeは通常の大学の選考と異なり、書類審査の他、筆記試験と面接のプロセスを経て、合否が判定されます

イギリスのトップ大学

Oxbridge(オックスブリッジ)をはじめ、イギリスには数々の研究分野において世界を先導する世界トップレベルの大学があります

 

世界大学ランキングにおけるイギリスの大学トップ10

1位 University of Oxford(オックスフォード大学)
2位 University of Cambridge(ケンブリッジ大学)
9位 Imperial College London(インペリアル・カレッジ・ロンドン)
14位 UCL(ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)
26位 London School of Economics and Political Science
   (ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)
29位 University of Edinburgh(エディンバラ大学)
38位 King’s College London(キングス・カレッジ・ロンドン)
57位 University of Manchester(マンチェスター大学)
78位 University of Bristol(ブリストル大学)
79位 University of Warwick(ウォーリック大学)

 

日本のトップ大学

42位 東京大学
65位 京都大学
251-300位 大阪大学・東北大学・東京工業大学

 

出典:The Times Higher Education World University Rankings 2019

イギリス大学留学は将来への投資

イギリス大学留学は長期間に渡り、研究機関である大学に在籍し専攻する学問を追求します

「英語を学ぶ」語学留学に対し、「英語で何かを学ぶ」のがイギリスの大学

英語で考え自分の意見を発言する、高い英語力が身につきます

また、「答えがない」が正解のイギリスの教育において培われる思考力は専攻分野を超えた、真の応用力が養われます

学位取得を目指す正規留学で得た学歴は世界に通用するものとなります

イギリスの大学には世界中から優秀な学生が集まるため、お互いに刺激を与える学友と共に専門分野を深く学べます

大学卒業後も世界中に広がるコネクションがキャリア形成にも役立ち、生涯の友ができるかもしれません

イギリス大学留学の方法

イギリス大学留学

(Undergraduate)

学士課程

学部短期留学(交換留学、私費留学)

イギリス大学進学準備

ファウンデーションコース

Aレベル

イギリス高校留学

イギリス大学院留学

(Postgraduate)

大学院進学準備コース

大学院修士課程

大学院博士課程

イギリスの大学 入学から卒業まで

イギリスの大学に入学し卒業するまでの一般的な流れをご紹介いたします

留学@UKのイギリス大学進学サポート

イギリス大学留学に必要な基礎知識、大学・コース毎に異なる成績・英語力等の入学条件や出願方法の確認、出願期限等を把握するエキスパートがSkype・LINEによる無料留学カウンセリングを通してイギリス大学留学を成功に導きます

学歴や職歴、留学の目的等を総合的に判断し、イギリス大学に向いているか否かを判断し、最適な留学方法をご案内いたします

イギリスの大学の仕組みは非常に複雑で、出願書類準備には高い英語力が必要となります

日英バイリンガルで2018年にイギリスの名門大学、UCL(University College London)を卒業した留学@UKの留学カウンセラーがイギリス大学留学をトータルサポートいたします

初回留学カウンセリングは無料でご利用いただけます

留学@UKへのお問い合わせ・無料留学カウンセリングのご予約はこちら!

イギリス大学留学

世界を先導する研究者による質の高い大学教育

世界を率いる高品質な教育

イギリスには約170の高等教育機関*があり、その全てがイギリス政府による厳格な審査を受け、管理されています

世界を率いる研究者による質の高い教育を受けられることがイギリス大学留学の魅力の一つです

最先端の研究設備や膨大な数の所蔵書を有するイギリスの大学は、学生だけでなく研究者にとっても魅力ある研究機関のため、各分野の先駆者ともいえる研究者が世界中から集まっています

研究設備と研究者・指導教員の両方が備わっているイギリスの大学への留学は「未来を切り拓く第一歩」となります

* 高等教育機関(Higher Education Institutions)は以下を含みます

大学(Universities):学士課程(Undergraduate)と大学院課程(Postgraduate)

専門分野教育機関(Specialist Schools):アートスクールやコンセルヴァトワール等

 

高等教育機関の名称として「University」の他、「University College」や「College」、「School」、「Academy」、「Conservatoire」等が使用されます

11世紀から続く伝統と革新

11世紀に英語圏最初の大学として発足した「University of Oxford(オックスフォード大学)」は数世紀に渡り発展を遂げ、現在の揺るがない地位を築き上げてきました

イギリスの大学は政府、王室、教会と密接な関係の元、現在の研究機関としての組織を構成してきました

1096年、日本がまだ平安時代の頃、イギリス・イングランド南部オックスフォードに大学が発足しました

日本初の大学、東京大学が設立されたのはそれから781年後の1877年のことです

12世紀から留学生を受け入れてきた歴史と実績があるイギリスの大学は、留学生を大学の一員として迎え入れる体制と充実のサポートが備わっている、まさに留学生に最適な環境といえます

英語圏最古の大学、
オックスフォード大学の歴史

1096年 大学教育がはじまる(最古の記録)

1167年 University of Parisの学生がイングランドへ戻る

1188年 歴史学者Gerald of Walesが教鞭を執る

1190年頃 フリースラントからの留学生Emo of Frieslandを受け入れる

1201年 神学者John Grimがmagister scolarum Oxonieの称号を得る

1214年 cancellarius scolarum Oxonieの称号を得る

1231年 学者たちがuniversitasまたはcorporationとして認識される

1249 – 1264年 自治組織としての最古のカレッジ、University、Balliol、Merton Collegesができる

1571年 法令により正式名称「The Chancellor, Masters and Scholars of the University of Oxford」が定められる

個性を尊重するイギリスならではの自由度の高い課程

イギリスの大学学部(学士課程、Undergraduate)は通常3年間で修了し、卒業時に「Bachelor’s Degree(学士号)」を取得できます

2年課程終了後に大学を離れ、1年間のインターンシップや実務研修で経験を積み、合計4年で大学卒業を目指す「Sandwich Course」は卒業時に即戦力ある人材育成を目指すコースで、主にビジネスの分野で人気があります

2年課程終了後に交換留学先に1年間留学する「International Programme」や、学士課程に大学院修士課程を組み合わせた「Master’s Degree(修士号)」取得を目指すコースもあります

実務研修と交換留学を組み合わせた5年間の学士課程コースや、6年かけてMBBS(医学士号)とMSc(理系修士号)もしくは8 – 9年かけてMBBS(医学士号)とPhD(博士号)取得を目指す医学部コース「Intercalated Degree」もあります

通常は1つの専攻分野を選びますが、2つの専攻分野を組み合わせた「Joint Honours Degree」を選ぶこともできます

3年間の課程を2年間に短縮した「Accelerated Degree」で長期休みを減らし、1年早く学位取得を目指すコースを選び、学費と生活費の両方を抑える方法もあります

また、イギリスの大学教育は「University」だけでなく、専門学校・カレッジからの大学編入または大学学部課程を全て専門学校・カレッジで学ぶこともできます

留学生は学生ビザの制約上、Full time(フルタイム)課程のみ進学可能ですが、ビザが不要な学生はPart-time(パートタイム)課程を選択し時間をかけて大学で学ぶことで、仕事や学業以外の生活との両立を図ることもできます

大学進学前に1年間のGap Year(ギャップイヤー)をとり、ボランティアや仕事、旅行等の様々な経験を積んでから大学で学ぶこともできます

大学院(Postgraduate)への進学は学士号取得後すぐに進学する以外に、主に非英語圏の大学学部卒業者向けに学術英語とイギリスの大学院で求められるスキルを身につけるPre-Masters Course(大学院進学準備コース)を経由する方法や、専攻分野によっては関連する職歴を数年積んでからのキャリアアップのための進学も一般的です

イギリスの大学院は主に講義主体のTaught Master’s Degreeと、研究主体のResearch Master’s Degreeに分かれます

イギリスの多くの大学院のTaught Master’s Degreeは通常1年間で修了しますが、コースにより2年以上の課程もあり、仕事や学業以外の生活との両立を図りながら、Part-time(パートタイム)課程で数年かけて修士号取得を目指す学生も多くいます

Research Master’s Degreeは1 – 2年間の課程をかけて研究を行い、修士論文を提出後、卒業時に「Master of Philosophy(哲学修士号)」(略称:MPhil、エムフィル)が授与されます

大学によってはMPhilプログラム登録から1年から1年半後にPhDプログラムに編入(アップグレード)できる可能性があり、「Doctor of Philosophy(博士号)」(略称:PhD、ピーエイチディー)取得を目指す研究者に向いています

他にも、Master of Business Administration(MBA)やMaster of Research(MRes)、Bachelor of Philosophy(BPhil)、Master of Laws(LLM)、Professional Doctorate、Postgraduate Certificate、Postgraduate Diploma等を取得できるコースがあり、イギリスの大学院は非常に幅広いコース選択が可能です

イギリスの大学で
学べる専攻分野

イギリスの大学で学べる主な専攻分野一覧です

複数の分野にまたがる専攻分野もございます

大学によりコースの名称や構成、内容が大きく異なるため出願前の入念なリサーチが必須となります

農学

動物科学
農学
林業・樹芸
飲食物研究
農業科学

建築・計画

建築学
測量学
景観・庭園デザイン
都市・農林・地域計画

生物化学

生物学
植物学
動物学
遺伝学
微生物学
スポーツ・運動科学
分子生物学・生物物理学・生化学
心理学

経営学・経営学・行政学

実務研修
経営学
金融学
経理
マーケティング
人的資源管理
ホスピタリティ・レジャー・観光・交通機関

コンピュータサイエンス

コンピュータサイエンス
情報システム
ソフトウェア工学
人工知能(AI)
健康情報学

アート・デザイン

ファインアート
デザイン研究
音楽
ドラマ
ダンス
映画学
写真学
工芸学
クリエイティブライティング

教育

教員養成
教育学
英語教授法(TESOL)

エンジニアリング・技術

エンジニアリング
土木工学
機械工学
航空宇宙
海軍建築
電子・電気
製造
化学
冶金
セラミックス・ガラス
ポリマー・テキスタイル
海事テクノロジー
バイオテクノロジー

英語学

英語学
英文学
地域・言語・文学研究
英語・クリエイティブライティング
比較文学研究
言語学

歴史学・哲学

歴史学
考古学
哲学
神学
宗教学
遺産研究

言語

言語学
比較文学研究
英語学
古代言語学
ケルト研究
ラテン語研究
ギリシャ古典研究
古典研究
フランス語
ドイツ語
イタリア語
スペイン語
ポルトガル語
スカンジナビア研究
ロシア・東ヨーロッパ研究
ヨーロッパ研究
中国語
日本語
南アジア研究
アジア研究
アフリカ研究
中東研究
アメリカ研究

法律

法律学
国際法
ヨーロッパ法
イギリス・フランス法(LLB & フランスの法律学位)
イギリス・ドイツ法(LLB)
イギリス・スペイン法(LLB)
イギリス・オーストラリア法(LLB)
イギリス・シンガポール法(LLB)
イギリス・香港法(LLB)
イギリス・アメリカ法(LLB & J.D.)
商法
人権

数理科学

数学
オペレーショナルリサーチ
統計学

医学・歯学・医療関連学

医学
歯学
臨床医学
臨床歯学
解剖学・生理学・病理学
薬理学・毒物学・薬学
治療学・健康学
栄養学
眼科学
口腔科学
看護学
医療技術

音楽

音楽
ミュージカルシアター
音楽教育
音楽・コミュニティー
ゲームサウンド・音楽
コマーシャルソングライティング
音楽業界
作曲
オーディオ録音・制作
音楽作曲・テクノロジー
サウンドエンジニアリング

物理科学

化学
材料科学
物理
犯罪科学・考古学科学
天文学
地質学
水生科学・地球環境科学
物理地理科学

心理学

心理学
応用心理学
児童心理学
臨床心理学
発達心理学
教育心理学
実験心理学
法医学心理学
社会心理学
スポーツ心理学

出版・メディア・情報管理

情報サービス
宣伝研究
メディア研究
出版

社会科学

経済学
政治学
社会学
ソーシャルポリシー
社会事業
人類学
人間・社会地理
開発研究

スポーツ

リーダーシップ
スポーツ行政・ガバナンス
スポーツコーチング
レジャー活動・管理
理学療法
観客安全
スポーツ・運動科学
スポーツジャーナリズム
スポーツパフォーマンス
スポーツ写真

獣医学

獣医学

Oxbridge(オックスブリッジ)に代表される世界トップレベルの大学

Oxbridge
(オックスブリッジ)

英語圏最古の大学「University of Oxford(オックスフォード大学)」と1209年に創立された「University of Cambridge(ケンブリッジ大学)」の2大学はイギリスの大学の双璧ともいえます

University of OxfordとUniversity of Cambridgeは「Oxbridge(オックスブリッジ)」と併称されます

Oxbridgeへの出願は他のイギリスの大学への出願と大きく異なるため、特別な対策が必須となります

以下はOxbridgeが他のイギリスの大学への出願と異なる点のごく一部のご紹介です

どちらか1つの大学のみ出願可能

イギリスの大学学部(学士課程、Bachelor’s Degree)は通常5つの大学・コースに出願できますが、University of OxfordとUniversity of Cambridgeの両方に同じ年(アカデミックイヤー)に出願することはできません

通常より早い出願締め切り

Oxbridgeや医療系コースへの出願は毎年10月15日締め切りです

一般コースへの出願は3ヶ月遅い、毎年1月15日締め切りです

カレッジ制

Oxbridgeは大学への出願時に、College(カレッジ)を選択する必要があります

大学選択だけでなく、このカレッジ選択が合格への鍵となります

University of Oxfordには38のCollegesと6のPermanent Private Halls(Collegesとは厳密には異なりますが同様の制度です)、University of Cambridgeには31のCollegesがあります

カレッジは自治組織として大学に属し、大学での講義に加え、カレッジでの1対1もしくは少人数制のチュートリアルという個別指導が行われます

そのため、専攻分野により受け入れ可能なカレッジが異なります

書類審査と面接で合否が判定される

通常、イギリスの大学は書類審査で、成績と自己推薦文、推薦状等を元に合否を大学が決めます

Oxbridgeは通常の大学の選考と異なり、書類審査の他、筆記試験と面接のプロセスを経て、合否が判定されます

イギリスのトップ大学

Oxbridge(オックスブリッジ)をはじめ、イギリスには数々の研究分野において世界を先導する世界トップレベルの大学があります

 

世界大学ランキングにおける
イギリスの大学トップ10

1位 University of Oxford
  (オックスフォード大学)
2位 University of Cambridge
  (ケンブリッジ大学)
9位 Imperial College London
  (インペリアル・カレッジ・ロンドン)
14位 UCL
  (ユニバーシティ・カレッジ・ロンドン)
26位 London School of Economics and Political Science
  (ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス)
29位 University of Edinburgh
  (エディンバラ大学)
38位 King’s College London
  (キングス・カレッジ・ロンドン)
57位 University of Manchester
  (マンチェスター大学)
78位 University of Bristol
  (ブリストル大学)
79位 University of Warwick
  (ウォーリック大学)

 

日本のトップ大学

42位 東京大学
65位 京都大学
251-300位 大阪大学・東北大学・東京工業大学

 

出典:The Times Higher Education World University Rankings 2019

イギリス大学留学は
将来への投資

イギリス大学留学は長期間に渡り、研究機関である大学に在籍し専攻する学問を追求します

「英語を学ぶ」語学留学に対し、「英語で何かを学ぶ」のがイギリスの大学

英語で考え自分の意見を発言する、高い英語力が身につきます

また、「答えがない」が正解のイギリスの教育において培われる思考力は専攻分野を超えた、真の応用力が養われます

学位取得を目指す正規留学で得た学歴は世界に通用するものとなります

イギリスの大学には世界中から優秀な学生が集まるため、お互いに刺激を与える学友と共に専門分野を深く学べます

大学卒業後も世界中に広がるコネクションがキャリア形成にも役立ち、生涯の友ができるかもしれません

イギリス大学留学の方法

イギリス大学留学

(Undergraduate)

学士課程

学部短期留学(交換留学、私費留学)

イギリス大学進学準備

ファウンデーションコース

Aレベル

イギリス高校留学

イギリス大学院留学

(Postgraduate)

大学院進学準備コース

大学院修士課程

大学院博士課程

イギリスの大学
入学から卒業まで

イギリスの大学に入学し卒業するまでの
一般的な流れをご紹介いたします

(画面を横向きにすると見やすくなります)

留学@UKのイギリス
大学進学サポート

イギリス大学留学に必要な基礎知識、大学・コース毎に異なる成績・英語力等の入学条件や出願方法の確認、出願期限等を把握するエキスパートがSkype・LINEによる無料留学カウンセリングを通してイギリス大学留学を成功に導きます

学歴や職歴、留学の目的等を総合的に判断し、イギリス大学に向いているか否かを判断し、最適な留学方法をご案内いたします

イギリスの大学の仕組みは非常に複雑で、出願書類準備には高い英語力が必要となります

日英バイリンガルで2018年にイギリスの名門大学、UCL(University College London)を卒業した留学@UKの留学カウンセラーがイギリス大学留学をトータルサポートいたします

初回留学カウンセリングは無料でご利用いただけます

留学@UKへのお問い合わせ・
無料留学カウンセリングの
ご予約はこちら!

留学@UKへのお問い合わせ・無料留学カウンセリングのご予約はこちら!

会社名:JAPAN AT UK LIMITED


事業名:留学@UK


所在地:8A Station Parade, Uxbridge Road,

    London W5 3LD United Kingdom


電話番号:+44 (0)20 8992 9302


営業時間:平日09:00-17:00(イギリス時間)


       17:00-01:00(日本時間)

海外送金がより身近に、オンラインで簡単に!TransferWiseが便利

心地よい天候が続いているイギリス・ロンドン、みなさまはいかがお過ごしですか。   春と夏は観光旅行にも出やすい、イギリス留学にちょうどいい時期かもしれません。 もちろん、冬ならではの楽しみも多いイギリスはいつ来ても楽しんでいただけると思いますが、晴れの日が少なく感じるイギリスでは春から夏にかけての長い日照時間は、現地で生活する人々にとっては特に貴重な時間となります。 少しでも暖かくなると、公園で日光浴をするのも、曇り空が多いイギリスあるあるですね。  ...

学校訪問:Excel English(エクセル イングリッシュ)

暖かく過ごしやすい日が増えてきたイギリスの春は、夏のように暑く気持ちのいい晴れの日もあれば、急に雨が降ってきて肌寒くなることもある、まだまだ安定しない天気が続いています。 天気予報を確認して、折りたたみ傘と上着を持ち歩くと安心ですね。 予報が外れることもあるので安心はできませんが準備があると突然の雨でも慌てなくてすみますね。      ...

留学@UK公式Instagramはイギリスの魅力満載

4月に入り暖かく過ごしやすい気候になってきたイギリス。   日本のみなさまは新年度がはじまり、心躍る期待多いときではないでしょうか。 心機一転、英語学習に力を入れたい方や夢の海外旅行・海外留学先にイギリスを選ぶ方も多いかと思います。 早くも夏休み以降のイギリス留学を検討している方からのお問い合わせを日々いただいております。  ...

2019年 イギリスが夏時間に切り替わりました

2019年も4分の1が過ぎ、寒く暗いイギリスの冬も終わり、春を感じる時期となりました。 毎年3月最終日曜日は冬時間(Greenwich Mean Time)から夏時間(British Summer Time)に切り替わる大切な季節の節目です。   2019年は3月31日(日曜日)の午前1時が午前2時に切り替わりました。 時間を1時間進めることで、太陽が出ている明るい日中に効率的に活動できるようになるという意図があります。 アナログ時計は針を1時間進める作業が必要となります。  ...

留学@UKは新たなブランドアイデンティティーでイギリス留学を応援いたします

    現地ロンドンにオフィスを構えるイギリス留学エージェント「留学@UK」は「あなたの人生を変えるイギリス留学・YMS・ホームステイを現地ロンドンから安心サポート」というモットーの元、2013年よりイギリスへの留学を希望する日本のみなさまに留学プログラムを提供しております。   無料留学カウンセリングを通し一人一人のご要望に沿ったオリジナルの留学プログラムを提供し、日々変化を遂げるイギリス留学事情の最新情報をいち早く正確にお伝えするとともに、現地ロンドンより留学中も安心サポートを提供しております。    ...

間違えやすいイギリス・ロンドンの地名・駅名 Part 5

イギリス・ロンドンの地名・駅名は複雑で想像がつかない呼び方をするものもたくさんあります。   英語は綴り通りアルファベットを読み上げる簡単な言語ではありません。 読まない文字もたくさんありますので、綴りから発音を予測できない不便さがあります。   「正しい」発音というものはないのかもしれませんが、地元の人が使う地名・駅名をご紹介いたします。   日本語でも例えば東京の新宿は誰もが「しんじゅく」と呼び、「しんしゅく」や「にいじゅく」とは呼びませんよね。 これと同様に英語でも少なくとも「地元の人はこう言う」という発音があります。...

留学@UKの留学カウンセラーはCambridge Assessment English Trained Agent

(ケンブリッジ大学英語検定機構トレーニング済み留学エージェント)の認定を受けています

Ryugaku@UK (留学@UK) is a trading name of JAPAN AT UK LIMITED, a limited company registered in England and Wales with company number: 08311431.


VAT number: GB 159043703. Registered office: 8A Station Parade, Uxbridge Road, London W5 3LD United Kingdom.


あなたの人生を変えるイギリス留学・YMS・ホームステイを現地ロンドンから安心サポートするイギリス留学エージェント「留学@UK」

会社名:JAPAN AT UK LIMITED


事業名:留学@UK


所在地:8A Station Parade, Uxbridge Road,
    London W5 3LD United Kingdom


電話番号:+44 (0)20 8992 9302


営業時間:平日09:00-17:00(イギリス時間)


       17:00-01:00(日本時間)


メニュー

海外送金がより身近に、オンラインで簡単に!TransferWiseが便利

心地よい天候が続いているイギリス・ロンドン、みなさまはいかがお過ごしですか。   春と夏は観光旅行にも出やすい、イギリス留学にちょうどいい時期かもしれません。 もちろん、冬ならではの楽しみも多いイギリスはいつ来ても楽しんでいただけると思いますが、晴れの日が少なく感じるイギリスでは春から夏にかけての長い日照時間は、現地で生活する人々にとっては特に貴重な時間となります。 少しでも暖かくなると、公園で日光浴をするのも、曇り空が多いイギリスあるあるですね。  ...

学校訪問:Excel English(エクセル イングリッシュ)

暖かく過ごしやすい日が増えてきたイギリスの春は、夏のように暑く気持ちのいい晴れの日もあれば、急に雨が降ってきて肌寒くなることもある、まだまだ安定しない天気が続いています。 天気予報を確認して、折りたたみ傘と上着を持ち歩くと安心ですね。 予報が外れることもあるので安心はできませんが準備があると突然の雨でも慌てなくてすみますね。      ...

留学@UK公式Instagramはイギリスの魅力満載

4月に入り暖かく過ごしやすい気候になってきたイギリス。   日本のみなさまは新年度がはじまり、心躍る期待多いときではないでしょうか。 心機一転、英語学習に力を入れたい方や夢の海外旅行・海外留学先にイギリスを選ぶ方も多いかと思います。 早くも夏休み以降のイギリス留学を検討している方からのお問い合わせを日々いただいております。  ...

2019年 イギリスが夏時間に切り替わりました

2019年も4分の1が過ぎ、寒く暗いイギリスの冬も終わり、春を感じる時期となりました。 毎年3月最終日曜日は冬時間(Greenwich Mean Time)から夏時間(British Summer Time)に切り替わる大切な季節の節目です。   2019年は3月31日(日曜日)の午前1時が午前2時に切り替わりました。 時間を1時間進めることで、太陽が出ている明るい日中に効率的に活動できるようになるという意図があります。 アナログ時計は針を1時間進める作業が必要となります。  ...

留学@UKは新たなブランドアイデンティティーでイギリス留学を応援いたします

    現地ロンドンにオフィスを構えるイギリス留学エージェント「留学@UK」は「あなたの人生を変えるイギリス留学・YMS・ホームステイを現地ロンドンから安心サポート」というモットーの元、2013年よりイギリスへの留学を希望する日本のみなさまに留学プログラムを提供しております。   無料留学カウンセリングを通し一人一人のご要望に沿ったオリジナルの留学プログラムを提供し、日々変化を遂げるイギリス留学事情の最新情報をいち早く正確にお伝えするとともに、現地ロンドンより留学中も安心サポートを提供しております。    ...

間違えやすいイギリス・ロンドンの地名・駅名 Part 5

イギリス・ロンドンの地名・駅名は複雑で想像がつかない呼び方をするものもたくさんあります。   英語は綴り通りアルファベットを読み上げる簡単な言語ではありません。 読まない文字もたくさんありますので、綴りから発音を予測できない不便さがあります。   「正しい」発音というものはないのかもしれませんが、地元の人が使う地名・駅名をご紹介いたします。   日本語でも例えば東京の新宿は誰もが「しんじゅく」と呼び、「しんしゅく」や「にいじゅく」とは呼びませんよね。 これと同様に英語でも少なくとも「地元の人はこう言う」という発音があります。...

留学@UKの留学カウンセラーはCambridge Assessment English Trained Agent(ケンブリッジ大学英語検定機構トレーニング済み留学エージェント)の認定を受けています

Ryugaku@UK (留学@UK) is a trading name of JAPAN AT UK LIMITED, a limited company registered in England and Wales with company number: 08311431. VAT number: GB 159043703. Registered office: 8A Station Parade, Uxbridge Road, London W5 3LD United Kingdom.