イギリスの大学・大学院を卒業すると2年間イギリスで就労・就職活動ができます

2021年7月2日

ロンドンを含むイギリス・イングランド南部ではしばらく雨模様が続いていますが、心地よい夏の気候を楽しめています。

まだ本格的な暑さは到来していませんが、7月に入り、気分は夏という方も多いのではないでしょうか。

 

イギリスの大学・大学院留学の魅力が増えました

さて、イギリスの大学・大学院は世界中の留学生が憧れる魅力がたくさんありますが、2021年7月1日から、更にイギリス留学を検討したくなる魅力が増えました。

この度、ビザ制度の改定により、対象となるイギリスの大学・大学院を卒業された方は、学生ビザ「Student visa」から「Graduate visa」という大学卒業者向けの新しいビザに切り替え申請を行うことで、イギリスに2年間滞在し、就労または就職活動を行うことができます。

 

対象となる大学・大学院

「Higher Education Provider with a track record of compliance」に指定されている大学・大学院のみがGraduate visaの対象となるため、在学・進学予定の大学・大学院が対象校であるかは自己責任にてご確認いただく必要があります。

確認方法は大学担当者にお問い合わせいただくか、イギリス政府の公式サイトから「Register of Student sponsors」をご確認いただき、「Status」が「Student Sponsor – Track Record」であればGraduate visaの対象と判断できます。

 

Graduate visaの有効期間

Bachelor’s degree(学士号)またはMaster’s degree(修士号)を授与された卒業生はイギリスに最長2年間滞在できます。

Doctoral student(博士課程の学生)として大学院を修了された卒業生はイギリスに最長3年間滞在できます。

 

なお、いわゆる正規留学で卒業し、イギリスの大学・大学院から学位(Degree)を授与されないと条件を満たさないため、交換留学生や大学学部進学準備コースであるファウンデーションコース、大学院進学準備コース、大学が提供する英語コース修了者はこの制度の対象とはなりません。

 

ビザの切り替え申請費用

学生ビザ「Student visa」からGraduate visaへの切り替えはイギリス国内からのみ申請できます。

大学のコース終了後、イギリスを出国してしまうとイギリスに学生ビザ「Student visa」で再入国することが難しくなり、Graduate visaの申請資格がなくなってしまいます。

あくまでもイギリスの大学・大学院を卒業されたら、イギリス国内に留まり、就労または就職活動をすぐにはじめる方が対象となります。

 

そのため、例えばイギリスの大学・大学院を卒業後、日本に数ヶ月間帰国してからイギリスでの就労を考えている方はGraduate visaの対象外となってしまいます。

Graduate visaをイギリス国内で申請・取得してからイギリスを出国し、再入国することは可能です。

 

ビザ申請費用は£700(約105,000円、£1 = ¥150で換算)です。

その他、Immigration Health Surchargeとして年間£624(約93,600円)支払う必要があるため、2年間有効なGraduate visa対象者は£1,248(約187,200円)、3年間有効なGraduate visa対象者は£1,872(約280,800円)を支払います。

Immigration Health SurchargeはNHSを利用する予定の有無に関わらずビザの有効期限分、支払います。

1年間のみイギリスに滞在する予定の方でもビザの有効期限分の支払いが求められることに注意しましょう。

 

ビザ申請費用とImmigration Health Surchargeの費用を合わせると、以下の費用が発生します。

  • 2年間の場合:£1,948(約292,200円)
  • 3年間の場合:£2,572(約385,800円)

 

Graduate visa取得には上記の通り、高額な費用が必要となるため、資金計画を慎重に立てることが重要となります。

特に就職活動を予定されている卒業生は、就労されない間の生活費を賄う必要がありますので、ビザの申請に必要な経費に加えて、イギリスで生活を送るための資金が必須となります。

 

就労ビザへの切り替え

Graduate visaから就労ビザ「Skilled Worker visa」に切り替えることで、継続してイギリスで就労することが可能となります。

Graduate visaはイギリスの永住権「Indefinite Leave to Remain」の条件を満たす期間の対象とはならないため、就労ビザ「Skilled Worker visa」で更にイギリスに5年間滞在することで永住権の申請資格を得ることができます。

 

または、Graduate visaの期間を含めてイギリスに継続して10年間滞在された場合は永住権の申請資格を得ることができます。

例えば、イギリスの大学・大学院進学前にイギリスの学校に数年間通われた方や、特定のビザでイギリスに滞在されていて、学生ビザ「Student visa」に切り替えた方は対象となります。

 

 

 

イギリスのビザ制度は非常に複雑で改定が繰り返されていますので、Graduate visaの対象者は大学担当者と密に連絡を取り、慎重にビザ申請を行っていただくことを強くおすすめいたします。

 


 

Graduate visa

https://www.gov.uk/graduate-visa

現地ロンドンとは

あなたの人生を変えるイギリス留学・YMS・ホームステイを現地ロンドンから安心サポートするイギリス留学エージェント「留学@UK」のスタッフがイギリスの最新情報を現地ロンドンからお伝えするイギリス情報満載ブログです。

 

カテゴリー

最近の投稿

イギリスは新型コロナウイルス対策の規制を撤廃します

3月も中旬に入り、日に日に日照時間の伸びと寒く暗い、辛い冬の気候から過ごしやすい春の気候への移り変わりを徐々に感じるイギリス・ロンドンですが、まだまだ暖かい春模様までは時間がかかりそうです。 今月3月最終日曜日にはイギリスは夏時間(British Summer Time/BST)に切り替わりますが、時計の針が1時間早まるだけで、一気に春の到来を感じる方もイギリスには多く、明るい日中の時間を有効活用できるようになります。  ...

ロンドン地下鉄ストライキ 2022年3月1日–3日

冬から春への移り変わりの時期となる3月に入りました。 毎年3月最終日曜日にはイギリスは夏時間、British Summer Time(BST)に切り替わり、時計が1時間早まるため、日中の明るい時間を有効活用できるようになります。 今年2022年は3月27日(日)が3月の最終日曜日のため、その日の午前1時が午前2時になります。   ロンドン地下鉄ストライキ イギリスの首都、ロンドンは便利な公共交通機関が発達していますが、数ヶ月おきにストライキが決行されます。...

2022年3月からロンドン交通局の運賃が値上げされます

本日で2022年2月も終了し、3月に入ろうとしていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 イギリス・ロンドンは冬にしては穏やかな気候の日もあれば、まだまだ寒さ厳しい天候のときもあり、冬から春への移り変わりはもう少し先という時期です。   ロンドン交通局の運賃値上げ さて、2022年3月からイギリスの物価上昇に伴い、Transport for London(ロンドン交通局)の公共交通機関の運賃が値上げされることとなりました。...

2022年度第1回のYMS抽選の詳細が発表されました

留学エージェント「留学@UK」は2022年1月4日(火)から通常通り営業しております。 2022年以降のイギリス留学・YMSをご検討中の方はお気軽にお問い合わせください。   2022年度第1回のYMS抽選 さて、2022年のYMS(Youth Mobility Scheme/いわゆるワーキングホリデー)1月抽選の詳細が発表されました。 YMSは年2回、例年1月と7月の抽選、年合計1,500名の抽選枠があります。...

2021-22年 年末年始の営業日のお知らせ

暴風雨の影響で例年より寒さが厳しく感じるイギリスの12月、みなさま暖かくしてお過ごしでしょうか。 昨年同様、今年の年末年始もどのように送れるか、まだ不透明な部分もありますが、イギリス留学生はイギリス国内でゆっくり過ごされる方も多いのではないでしょうか。 季節のイルミネーションが盛んなイギリスでは、日が暮れて暗くなる夕方以降、普段以上に素敵な街並みを楽しめます。   イギリスの冬はイングランド北部やスコットランドを除き、実はあまり雪は降りません。...

アーカイブ

2022: 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2021: 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2020: 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2019: 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2018: 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2017: 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

以下のボタンをクリックしていただけると更新の励みになります!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ

にほんブログ村

 

このページの内容は役に立ちましたか?

最近の投稿

イギリスは新型コロナウイルス対策の規制を撤廃します

イギリスは新型コロナウイルス対策の規制を撤廃します

3月も中旬に入り、日に日に日照時間の伸びと寒く暗い、辛い冬の気候から過ごしやすい春の気候への移り変わりを徐々に感じるイギリス・ロンドンですが、まだまだ暖かい春模様までは時間がかかりそうです。 今月3月最終日曜日にはイギリスは夏時間(British Summer Time/BST)に切り替わりますが、時計の針が1時間早まるだけで、一気に春の到来を感じる方もイギリスには多く、明るい日中の時間を有効活用できるようになります。  ...

ロンドン地下鉄ストライキ 2022年3月1日–3日

ロンドン地下鉄ストライキ 2022年3月1日–3日

冬から春への移り変わりの時期となる3月に入りました。 毎年3月最終日曜日にはイギリスは夏時間、British Summer Time(BST)に切り替わり、時計が1時間早まるため、日中の明るい時間を有効活用できるようになります。 今年2022年は3月27日(日)が3月の最終日曜日のため、その日の午前1時が午前2時になります。   ロンドン地下鉄ストライキ イギリスの首都、ロンドンは便利な公共交通機関が発達していますが、数ヶ月おきにストライキが決行されます。...

2022年3月からロンドン交通局の運賃が値上げされます

2022年3月からロンドン交通局の運賃が値上げされます

本日で2022年2月も終了し、3月に入ろうとしていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 イギリス・ロンドンは冬にしては穏やかな気候の日もあれば、まだまだ寒さ厳しい天候のときもあり、冬から春への移り変わりはもう少し先という時期です。   ロンドン交通局の運賃値上げ さて、2022年3月からイギリスの物価上昇に伴い、Transport for London(ロンドン交通局)の公共交通機関の運賃が値上げされることとなりました。...

コメント

0 Comments

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

イギリス留学エージェント「留学@UK」のスタッフがイギリスの最新情報を現地ロンドンからお伝えするイギリス情報満載ブログ「現地ロンドン」をお読みいただきありがとうございます。

 

イギリス留学は現地ロンドンにオフィスを構える「留学@UK」までお気軽にお問い合わせください。

 

あなたの人生を変えるイギリス留学・YMS・ホームステイを現地ロンドンから安心サポートするイギリス留学エージェント「留学@UK」はEnglish UK Partner Agencyに認定された数少ない留学エージェントです。

 

Home > イギリスの大学・大学院を卒業すると2年間イギリスで就労・就職活動ができます
English UK Partner Agency
English UK Partner Agency