2021-22年 年末年始の営業日のお知らせ

2021年12月6日

暴風雨の影響で例年より寒さが厳しく感じるイギリスの12月、みなさま暖かくしてお過ごしでしょうか。

昨年同様、今年の年末年始もどのように送れるか、まだ不透明な部分もありますが、イギリス留学生はイギリス国内でゆっくり過ごされる方も多いのではないでしょうか。

季節のイルミネーションが盛んなイギリスでは、日が暮れて暗くなる夕方以降、普段以上に素敵な街並みを楽しめます。

 

イギリスの冬はイングランド北部やスコットランドを除き、実はあまり雪は降りません。

しかし風は冷たく、雨も多いため、何十年とイギリスに住んでいても冬だけは苦手という方もたくさんいらっしゃるようです。

朝は霜が降りて、屋根や庭が一面真っ白ということも珍しくありません。

 

イギリスの祝日

さて、イギリスの祝日はBank Holidays(バンク・ホリデー)と呼ばれ、その名の通り銀行がお休みする日となっております。

イギリスは連合王国のため、構成国によって祝日が若干異なりますが、年間の祝日はイングランドとウェールズは8日間、スコットランドは9日間、北アイルランドは10日間しかありません。

祝日が週末(土・日)にある場合、翌月曜日が振替休日となります。

 

イギリスは日本と比較すると祝日は少ないのですが、今年2021年と来年2022年にかけての年末年始は振替休日で翌月曜日が休日となる日が多く、お休みが長く感じられます。

2021年12月25日(土)はChristmas Day(クリスマス・デー)、翌26日(日)はBoxing Day(ボクシング・デー)ですが、週末(土・日)のため、12月27日(月)と28日(火)が2日連続で振替休日となります。

来年2022年1月1日(土)はNew Year’s Dayでこちらも週末に祝日が重なるため、2022年1月3日(月)が振替休日、翌日1月4日(火)から仕事始め・学校再開となります。

 

2022年のイギリスの祝日

来年2022年のイングランドとウェールズのBank Holidaysの一覧です。

1月1日(土)– New Year’s Day
1月3日(月)– New Year’s Day(振替休日)
4月15日(金)– Good Friday
4月18日(月)– Easter Monday
5月2日(月)– Early May bank holiday
6月2日(木)– Spring bank holiday
6月3日(金)– Platinum Jubilee bank holiday
8月29日(月)– Summer bank holiday
12月25日(日)– Christmas Day
12月26日(月)– Boxing Day
12月27日(火)– Christmas Day(振替休日)

 

来年2022年のスコットランドのBank Holidaysの一覧です。

1月1日(土)– New Year’s Day
1月2日(日)– 2nd January
1月3日(月)– New Year’s Day(振替休日)
1月4日(火)– 2nd January(振替休日)
4月15日(金)– Good Friday
4月18日(月)– Easter Monday
5月2日(月)– Early May bank holiday
6月2日(木)– Spring bank holiday
6月3日(金)– Platinum Jubilee bank holiday
8月1日(月)– Summer bank holiday
11月30日(水)– St Andrew’s Day
12月25日(日)– Christmas Day
12月26日(月)– Boxing Day
12月27日(火)– Christmas Day(振替休日)

 

来年2022年の北アイルランドのBank Holidaysの一覧です。

1月1日(土)– New Year’s Day
1月3日(月)– New Year’s Day(振替休日)
4月15日(金)– Good Friday
4月18日(月)– Easter Monday
5月2日(月)– Early May bank holiday
6月2日(木)– Spring bank holiday
6月3日(金)– Platinum Jubilee bank holiday
7月12日(火)– Battle of the Boyne(Orangemen’s Day)
8月29日(月)– Summer bank holiday
12月25日(日)– Christmas Day
12月26日(月)– Boxing Day
12月27日(火)– Christmas Day(振替休日)

 

参照:https://www.gov.uk/bank-holidays

 

年の前半は1・4・5月と比較的分散して祝日がありますが、年の後半になると8月29日(月)のSummer bank holidayを過ぎたら、12月25日(日)のChristmas Day(クリスマス・デー)と翌26日(月)のBoxing Day(ボクシング・デー)、振替休日の27日(火)しか祝日がありません。

スコットランドと北アイルランドは構成国独自の祝日が加わるため、1・2日の祝日が増えますが、それでも16日ある日本の国民の祝日より少ないですね。

国民の祝日が少なくても個人で休みを取って休むのがイギリス流の休み方ですので、国全体が休まなくてもあまり問題がないのかもしれませんね。

 

Platinum Jubilee bank holiday

勘が鋭い方であればお気づきかと思いますが、「Spring bank holiday」が例年とは異なり、2022年6月2日(木)に移動しています。

翌3日(金)は「Platinum Jubilee bank holiday」という、Queen Elizabeth II(エリザベス2世)の即位70周年記念の祝日が特別に追加されます。

「Platinum Jubilee」は70周年を意味し、イギリスの君主としては最長かつ歴史上初となります。

エリザベス2世が1952年2月6日に即位してから70年周年の2022年、6月2日(木)から6月5日(日)までの4連休は記念すべき週末となることでしょう。

2022年はイギリスの祝日が1日増えることは今から覚えておいて損はないでしょう。

 

留学@UKの営業日

留学@UKはカレンダー通りの営業日(土・日・イギリス(イングランド)の祝日休み)でみなさまからのお問い合わせに対応しておりますが、2021年12月17日(金)までは通常通り営業し、年末年始は以下の通り2週間のお休みとなります。

2021-22年 年末年始の営業日

今年2021年は12月17日(金)イギリス時間午後5時(日本時間午前2時)で年内の営業を終了し、年明け2022年1月4日(火)イギリス時間午前9時(日本時間午後6時)から営業再開いたします。

休業中にいただいたお問い合わせには順次対応いたします。

ウェブサイトお問い合わせフォームからのお問い合わせや留学カウンセラーへのメールは24時間休みなく受け付けております。

現地ロンドンとは

あなたの人生を変えるイギリス留学・YMS・ホームステイを現地ロンドンから安心サポートするイギリス留学エージェント「留学@UK」のスタッフがイギリスの最新情報を現地ロンドンからお伝えするイギリス情報満載ブログです。

 

カテゴリー

最近の投稿

イギリスは新型コロナウイルス対策の規制を撤廃します

3月も中旬に入り、日に日に日照時間の伸びと寒く暗い、辛い冬の気候から過ごしやすい春の気候への移り変わりを徐々に感じるイギリス・ロンドンですが、まだまだ暖かい春模様までは時間がかかりそうです。 今月3月最終日曜日にはイギリスは夏時間(British Summer Time/BST)に切り替わりますが、時計の針が1時間早まるだけで、一気に春の到来を感じる方もイギリスには多く、明るい日中の時間を有効活用できるようになります。  ...

ロンドン地下鉄ストライキ 2022年3月1日–3日

冬から春への移り変わりの時期となる3月に入りました。 毎年3月最終日曜日にはイギリスは夏時間、British Summer Time(BST)に切り替わり、時計が1時間早まるため、日中の明るい時間を有効活用できるようになります。 今年2022年は3月27日(日)が3月の最終日曜日のため、その日の午前1時が午前2時になります。   ロンドン地下鉄ストライキ イギリスの首都、ロンドンは便利な公共交通機関が発達していますが、数ヶ月おきにストライキが決行されます。...

2022年3月からロンドン交通局の運賃が値上げされます

本日で2022年2月も終了し、3月に入ろうとしていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 イギリス・ロンドンは冬にしては穏やかな気候の日もあれば、まだまだ寒さ厳しい天候のときもあり、冬から春への移り変わりはもう少し先という時期です。   ロンドン交通局の運賃値上げ さて、2022年3月からイギリスの物価上昇に伴い、Transport for London(ロンドン交通局)の公共交通機関の運賃が値上げされることとなりました。...

2022年度第1回のYMS抽選の詳細が発表されました

留学エージェント「留学@UK」は2022年1月4日(火)から通常通り営業しております。 2022年以降のイギリス留学・YMSをご検討中の方はお気軽にお問い合わせください。   2022年度第1回のYMS抽選 さて、2022年のYMS(Youth Mobility Scheme/いわゆるワーキングホリデー)1月抽選の詳細が発表されました。 YMSは年2回、例年1月と7月の抽選、年合計1,500名の抽選枠があります。...

2022年1月からインド国籍とアイスランド国籍の方もYMSの対象となります

12月も近づき、イギリスでは本格的な寒さが続いています。 夕方4時以降は真っ暗になってしまうため、冬は早めに帰宅し、室内でゆっくり過ごすという方も多いのではないでしょうか。 クリスマスの時期は楽しみも多くなりますが、年末年始前の総仕上げという意気込みの方もいらっしゃるかと思います。 来年2022年に焦点を当てている方も少なくないようです。   YMSの対象国籍が拡大 さて、海外生活を夢見る方にとって非常に魅力的なイギリスのビザ制度、YMS。 正式名称を「Youth Mobility...

アーカイブ

2022: 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2021: 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2020: 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2019: 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2018: 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2017: 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

以下のボタンをクリックしていただけると更新の励みになります!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ

にほんブログ村

 

このページの内容は役に立ちましたか?

最近の投稿

イギリスは新型コロナウイルス対策の規制を撤廃します

イギリスは新型コロナウイルス対策の規制を撤廃します

3月も中旬に入り、日に日に日照時間の伸びと寒く暗い、辛い冬の気候から過ごしやすい春の気候への移り変わりを徐々に感じるイギリス・ロンドンですが、まだまだ暖かい春模様までは時間がかかりそうです。 今月3月最終日曜日にはイギリスは夏時間(British Summer Time/BST)に切り替わりますが、時計の針が1時間早まるだけで、一気に春の到来を感じる方もイギリスには多く、明るい日中の時間を有効活用できるようになります。  ...

ロンドン地下鉄ストライキ 2022年3月1日–3日

ロンドン地下鉄ストライキ 2022年3月1日–3日

冬から春への移り変わりの時期となる3月に入りました。 毎年3月最終日曜日にはイギリスは夏時間、British Summer Time(BST)に切り替わり、時計が1時間早まるため、日中の明るい時間を有効活用できるようになります。 今年2022年は3月27日(日)が3月の最終日曜日のため、その日の午前1時が午前2時になります。   ロンドン地下鉄ストライキ イギリスの首都、ロンドンは便利な公共交通機関が発達していますが、数ヶ月おきにストライキが決行されます。...

2022年3月からロンドン交通局の運賃が値上げされます

2022年3月からロンドン交通局の運賃が値上げされます

本日で2022年2月も終了し、3月に入ろうとしていますが、みなさまいかがお過ごしでしょうか。 イギリス・ロンドンは冬にしては穏やかな気候の日もあれば、まだまだ寒さ厳しい天候のときもあり、冬から春への移り変わりはもう少し先という時期です。   ロンドン交通局の運賃値上げ さて、2022年3月からイギリスの物価上昇に伴い、Transport for London(ロンドン交通局)の公共交通機関の運賃が値上げされることとなりました。...

コメント

0 Comments

Submit a Comment

Your email address will not be published.

イギリス留学エージェント「留学@UK」のスタッフがイギリスの最新情報を現地ロンドンからお伝えするイギリス情報満載ブログ「現地ロンドン」をお読みいただきありがとうございます。

 

イギリス留学は現地ロンドンにオフィスを構える「留学@UK」までお気軽にお問い合わせください。

 

あなたの人生を変えるイギリス留学・YMS・ホームステイを現地ロンドンから安心サポートするイギリス留学エージェント「留学@UK」はEnglish UK Partner Agencyに認定された数少ない留学エージェントです。

 

Home > 2021-22年 年末年始の営業日のお知らせ
English UK Partner Agency
English UK Partner Agency