イギリス留学ビザ情報

結核検査
(Tuberculosis/TB test)

イギリスに6カ月間以上滞在するビザ(査証)を申請する場合、対象国に6カ月間以上在住している方は、結核検査を受ける必要があります

日本在住者は結核検査が不要です

結核検査とは

イギリスに6ヶ月以上滞在するビザ(査証)を申請する場合、対象国に6カ月間以上在住している方は、結核検査が必要となります。

 

結核検査には胸部レントゲン(X線)検査が含まれますが、その検査結果が不明瞭な場合は喀痰検査を受ける必要があります。

 

結核検査の結果が陰性の場合、検査日から6カ月間有効な証明書が発行され、その検査結果の証明書をビザ申請時に提出します。

 

結核を英語で「Tuberculosis」と言いますが、省略した「TB」という名称も使われます。

 

結核検査は「Tuberculosis test」や「TB test」と言います。

結核検査対象

結核検査が必要となる対象国はイギリス政府公式サイト「GOV.UK」をご確認ください。

 

結核検査が不要な

以下に当てはまる方は結核検査が不要です。

 

  • 外交官としてイギリスに入国する

  • 過去2年以内にイギリスに在住していた

  • 過去6カ月間以上、結核検査が不要な国に在住していて、その在住国から6カ月間以上離れていない

日本在住の留学生の場合

日本は結核検査の対象国に含まれていません。

 

在住国が判断基準のため、6カ月間以上、日本に在住している方は国籍を問わず、結核検査が不要です。

2021年3月19日更新

イギリスでは個々へのイギリスの査証(ビザ)・Biometric Residence Permit(BRP)に関するアドバイスを含む、一切の移民アドバイス(Immigration advice)、移民サービス(Immigration services)を提供するためには、Home Office(イギリス内務省)公認「Office of the Immigration Services Commissioner(OISC)」または「Immigration and Asylum Act 1999(1999年移民・難民庇護法)」に規定されている認定を受けた専門家団体への所属がイギリスの法律により必須となります。

 

当社がご案内する情報はイギリス内務省が発表する情報を日本語訳しており、個々の事情に当てはまらないこともございますので、必要に応じてOISCまたは1999年移民・難民庇護法に規定されている認定を受けた専門家団体へ所属する専門家にご相談ください。

 

当社の責によらず、イギリスのビザに関する内容が予告なしに変更されることがあります。

 

当社は最新情報を入手し次第、可能な範囲に限りご案内いたしますが、当社がご案内する情報の全て、または一部を元にビザ申請をされ、いかなる事由によりビザが発給されない場合、またはイギリスの入国審査により入国を拒否された場合、または個々の今後のビザ申請またはイギリス入国審査に対する制限を受けた場合も、当社は一切の責任を負いかねます。

 

イギリスのビザ申請にビザ申請サポート会社等の利用は必須ではありませんが、ビザ申請サポートをご希望の方は当社と業務提携のある日本のビザ申請サポート会社をご利用いただけます。

 

詳しくはお問い合わせください

Home > 留学ガイド > イギリス留学ビザ情報 > 結核検査(Tuberculosis/TB test)

このページの内容は役に立ちましたか?

お問い合わせ

手数料完全無料・親切丁寧に対応いたします

イギリスの新型コロナ事情は?

イギリス留学のベストタイミングは?

どんな語学学校を選んだらいい?

現地ロンドンにあるイギリス留学エージェント「留学@UK」があなたの知りたい情報をお届けいたします

English UK Partner Agency
English UK Partner Agency