UK LANDING CARD

イギリス入国カード
(過去の情報)

イギリス入国カード(Landing Card)は2019年5月20日に廃止されました

 

このページには過去の情報を掲載しております

イギリス入国カードの記入例

イギリス入国審査には「Landing Card(入国カード)」の記入が必要です。

 

入国カードは飛行機内または空港で配布されます。

 

事前に記入事項を確認しておくと安心です。

 

入国カードの書式は予告なく変更される場合があります。

 

英語以外の記載言語は出発地等によって異なるため、日本語表記がない場合があります。

全てブロック体大文字ではっきりと正確に記入してください。

 

  1. Family name / 姓(パスポートと同表記)

  2. First name(s) / 名(パスポートと同表記)

  3. Sex / 性別(M:男性、F:女性)

  4. Date of birth / 生年月日(日/月/西暦年)

  5. Town and country of birth / 出生地(都市及び国)

  6. Nationality / 国籍

  7. Occupation / 職業

  8. Contact address in the UK (in full) / イギリス滞在先住所

  9. Passport no. / パスポート番号

  10. Place of issue / パスポート発行国

  11. Length of stay in the UK / イギリス滞在期間

  12. Port of last departure / 最終出発地

  13. Flight/train no./ship name / 到着便名・列車番号・船舶名

  14. Signature / 署名(パスポートと同表記)

イギリスでは個々へのイギリスの査証(ビザ)・Biometric Residence Permit(BRP)に関するアドバイスを含む、一切の移民アドバイス(Immigration advice)、移民サービス(Immigration services)を提供するためには、Home Office(イギリス内務省)公認「Office of the Immigration Services Commissioner(OISC)」または「Immigration and Asylum Act 1999(1999年移民・難民庇護法)」に規定されている認定を受けた専門家団体への所属がイギリスの法律により必須となります。

 

当社がご案内する情報はイギリス内務省が発表する情報を日本語訳しており、個々の事情に当てはまらないこともございますので、必要に応じてOISCまたは1999年移民・難民庇護法に規定されている認定を受けた専門家団体へ所属する専門家にご相談ください。

 

当社の責によらず、イギリスのビザに関する内容が予告なしに変更されることがあります。

 

当社は最新情報を入手し次第、可能な範囲に限りご案内いたしますが、当社がご案内する情報の全て、または一部を元にビザ申請をされ、いかなる事由によりビザが発給されない場合、またはイギリスの入国審査により入国を拒否された場合、または個々の今後のビザ申請またはイギリス入国審査に対する制限を受けた場合も、当社は一切の責任を負いかねます。

 

イギリスのビザ申請にビザ申請サポート会社等の利用は必須ではありませんが、ビザ申請サポートをご希望の方は当社と業務提携のある日本のビザ申請サポート会社をご利用いただけます。

 

詳しくはお問い合わせください

Home > 留学ガイド > イギリス入国カードの記入例(過去の情報)

このページの内容は役に立ちましたか?

お問い合わせ

手数料完全無料・親切丁寧に対応いたします

イギリスの新型コロナ事情は?

イギリス留学のベストタイミングは?

どんな語学学校を選んだらいい?

現地ロンドンにあるイギリス留学エージェント「留学@UK」があなたの知りたい情報をお届けいたします

English UK Partner Agency
English UK Partner Agency