イギリスの住所の仕組みを知ろう Part 2:ストリートサイン

2019年11月28日

イギリスの住所は日本の住所と大きく異なるため、あらかじめ住所の書き方・ルールを把握しておくと留学生活や観光旅行で初めての土地に行っても、落ち着いて行動できます。

 

 

シリーズ第1弾は以下からご覧いただけます。

→ 「イギリスの住所の仕組みを知ろう Part 1:ポストコード

https://www.ryugakuatuk.com/how-uk-addresses-work-postcodes/

 

 

シリーズ第2弾の今回はイギリスの道で見かける看板、ストリートサイン(Street Signs)に注目して見てみましょう。

 

 

Lord North Street

SW1

 

 

Parliament Street

SW1

 

 

Downing Street

SW1

 

 

Great Scotland Yard

SW1

 

 

Buckingham Gate

SW1

 

 

上の写真のはロンドン南西部の通りを写しています。

通り名(Street names)と一緒に、「SW1」と表記されています。

「SW1」はロンドン南西部(South West)の1区(ロンドン南西1区)という意味です。

ロンドン特別区「City of Westminster(シティー オブ ウェストミンスター)」にあるため、その表記も看板にあります。

 

 

他の地区も見てみましょう。

 

Carnaby Street

W1 ー ロンドン西1区

 

 

このようにポップなデザインも見かけます。

 

 

Hookers Road

E17 ー ロンドン東17区

 

 

ストリートサインは行政区が設置しているため、地区毎にデザインや形式が異なります。

設置場所は建物の1階(イギリスでいう地上階、Ground floor)と2階(イギリスでいう1階、First floor)の間当たりの外壁や、道路上の低い位置、目線より高い位置と様々です。

 

また、RoadをRd.のように省略した表記にしている看板もよく見かけます。

 

 

Kensington Gore

SW7 ー ロンドン南西7区

 

 

Sloane Street

SW1

 

 

上の写真はこれまでに紹介した他の写真と違い、フォントや看板全体のデザインがより洗練された印象を受けます。

洗練された街並みに溶け込むようにという、管轄の行政区の意向が見受けられます。

 

「Borough of Chelsea(バラ オブ チェルシー)」、正式名称「the Metropolitan Borough of Chelsea」は1900年から1965年3月まで存在したロンドン南西部の行政区で、その時の名残を看板から感じることができます。

1965年より前からある50年以上の歴史ある看板が今もなお使われているのがイギリスのいいところでもあります。

1965年4月以降は「Royal Borough of Kensington and Chelsea(ロイヤル バラ オブ ケンジントン アンド チェルシー)」として、隣接するケンジントン地区と統合されています。

ケンジントン地区にはKensington Palace(ケンジントン宮殿)がありイギリス王室との関係があることから、行政区の名称に「Royal(ロイヤル)」が付いています。

 

上の写真をよく見ると「SW1」の表記が終止符(フルストップ、ピリオド)付きの「S.W.1」となっていますね。

1960年、70年代以降からは現行のポストコード制度がイギリス全域に導入されたのと同時に、各文字の終わり、場合によっては数字の終わりにも終止符を打つ習慣が廃れたため、看板の終止符からも歴史を感じることができます。

古くは「S.W.1.」や「S.W.1」と表記していたポストコードが「SW1」と簡素化された流れがあります。

 

 

Kensington Church Walk

W8 ー ロンドン西8区

 

 

この看板も「The Royal Borough of Kensington」と「KENSINGTON CHURCH WALK. W.8.」という表記から古い看板であることが分かります。

同じ通りには「The Royal Borough of Kensington and Chelsea」と書かれた看板もありますので、ストリートサインを観察してみると面白いかもしれません。

 

 

イギリスのストリートサインはただ道の名前が書かれているだけではなく、その道や管轄の行政区の歴史を紐解くことができる魅力が詰まっています。

イギリスの住所の仕組みを知り、ストリートサインに注目してみると今まで見えなかったイギリスの魅力、歴史に気づくことができるかもしれません。

ぜひイギリスに留学や観光で訪れた際は、ストリートサインも楽しんでみてください。

現地ロンドンとは

あなたの人生を変えるイギリス留学・YMS・ホームステイを現地ロンドンから安心サポートするイギリス留学エージェント「留学@UK」のスタッフがイギリスの最新情報を現地ロンドンからお伝えするイギリス情報満載ブログです。

 

カテゴリー

最近の投稿

2022年1月からインド国籍とアイスランド国籍の方もYMSの対象となります

12月も近づき、イギリスでは本格的な寒さが続いています。 夕方4時以降は真っ暗になってしまうため、冬は早めに帰宅し、室内でゆっくり過ごすという方も多いのではないでしょうか。 クリスマスの時期は楽しみも多くなりますが、年末年始前の総仕上げという意気込みの方もいらっしゃるかと思います。 来年2022年に焦点を当てている方も少なくないようです。   YMSの対象国籍が拡大 さて、海外生活を夢見る方にとって非常に魅力的なイギリスのビザ制度、YMS。 正式名称を「Youth Mobility...

2021年 イギリスが冬時間に切り替わりました

日に日に寒さが厳しくなりはじめたイギリス、2021年も残り2ヶ月となりました。 季節の変わり目で、どうしても風邪を引きやすい時期ですので、体調管理にはお気をつけください。   さて、毎年10月最終日曜日はイギリスの夏時間が終わり、冬時間に切り替わる大切な季節の節目です。 今年2021年は10月31日(日曜日)の午前2時が午前1時に切り替わりました。   毎年日曜日ということが固定のため、今年のように10月最終日の年もあれば、昨年のように10月25日と少々早い切り替わりの年もある面白さがあります。...

ロンドン中心地の人気語学学校「IH London」を3D体験しよう

10月も終わりに近づき、秋の気候となったイギリス・ロンドン。 朝晩の冷え込みにまだ身体が慣れず、体調を崩しやすい時期ですので、健康には注意が必要ですね。   今週末2021年10月31日(日)は10月最終日曜日のため、イギリスは夏時間(British Summer Time/BST)から冬時間(Greenwich Mean Time/GMT)に切り替わり、日本との時差は9時間になります。   2021年冬以降の語学留学...

イングランドのロックダウン解除と語学学校再開予定 8

9月末、明日からは10月という秋のイギリス、今年は例年より肌寒く感じます。 秋から冬への移り変わりが早いイギリスの今年の冬は、いつもより寒いとの予報が発表されています。 今年の冬に留学・YMS・観光旅行等でイギリスにいらっしゃる方は厚手のコート等、防寒対策をしっかりしてくると安心ですね。 イギリスは秋以降、寒さが厳しい地域が多いため、日本の感覚で言うと、過剰なくらいに防寒しすぎて、ようやくちょうどいいくらいです。...

イングランドのロックダウン解除と語学学校再開予定 7

今年2021年のイギリスの夏はあまり晴天という天候ではなく、過ごしやすい日々が続き、夏らしい暑い日は数日間のみでした。 このまま日中は過ごしやすく、朝晩は少し肌寒い残暑の時期を経て、秋・冬に移っていくのでしょうか。   さて、イギリスでは各構成国、イングランド・ウェールズ・スコットランド・北アイルランドの政府が情勢を判断し、方針を定めていますが、各構成国毎に細かい条件は異なりますが、概ね主要規制は解除されました。   なお、これまでのイギリス・イングランドの規制緩和の流れは以下のご覧ください。  ...

アーカイブ

2021: 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2020: 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2019: 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2018: 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

2017: 01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12

以下のボタンをクリックしていただけると更新の励みになります!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ 海外留学(ヨーロッパ)へ

にほんブログ村

 

このページの内容は役に立ちましたか?

最近の投稿

2022年1月からインド国籍とアイスランド国籍の方もYMSの対象となります

2022年1月からインド国籍とアイスランド国籍の方もYMSの対象となります

12月も近づき、イギリスでは本格的な寒さが続いています。 夕方4時以降は真っ暗になってしまうため、冬は早めに帰宅し、室内でゆっくり過ごすという方も多いのではないでしょうか。 クリスマスの時期は楽しみも多くなりますが、年末年始前の総仕上げという意気込みの方もいらっしゃるかと思います。 来年2022年に焦点を当てている方も少なくないようです。   YMSの対象国籍が拡大 さて、海外生活を夢見る方にとって非常に魅力的なイギリスのビザ制度、YMS。 正式名称を「Youth Mobility...

2021年 イギリスが冬時間に切り替わりました

2021年 イギリスが冬時間に切り替わりました

日に日に寒さが厳しくなりはじめたイギリス、2021年も残り2ヶ月となりました。 季節の変わり目で、どうしても風邪を引きやすい時期ですので、体調管理にはお気をつけください。   さて、毎年10月最終日曜日はイギリスの夏時間が終わり、冬時間に切り替わる大切な季節の節目です。 今年2021年は10月31日(日曜日)の午前2時が午前1時に切り替わりました。   毎年日曜日ということが固定のため、今年のように10月最終日の年もあれば、昨年のように10月25日と少々早い切り替わりの年もある面白さがあります。...

ロンドン中心地の人気語学学校「IH London」を3D体験しよう

ロンドン中心地の人気語学学校「IH London」を3D体験しよう

10月も終わりに近づき、秋の気候となったイギリス・ロンドン。 朝晩の冷え込みにまだ身体が慣れず、体調を崩しやすい時期ですので、健康には注意が必要ですね。   今週末2021年10月31日(日)は10月最終日曜日のため、イギリスは夏時間(British Summer Time/BST)から冬時間(Greenwich Mean Time/GMT)に切り替わり、日本との時差は9時間になります。   2021年冬以降の語学留学...

コメント

0 Comments

Submit a Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

イギリス留学エージェント「留学@UK」のスタッフがイギリスの最新情報を現地ロンドンからお伝えするイギリス情報満載ブログ「現地ロンドン」をお読みいただきありがとうございます。

 

イギリス留学は現地ロンドンにオフィスを構える「留学@UK」までお気軽にお問い合わせください。

 

あなたの人生を変えるイギリス留学・YMS・ホームステイを現地ロンドンから安心サポートするイギリス留学エージェント「留学@UK」はEnglish UK Partner Agencyに認定された数少ない留学エージェントです。

 

Home > イギリスの住所の仕組みを知ろう Part 2:ストリートサイン

お問い合わせ

手数料完全無料・親切丁寧に対応いたします

イギリス現地の最新情報は?

イギリス留学のベストタイミングは?

どんな語学学校を選んだらいい?

現地ロンドンにあるイギリス留学エージェント「留学@UK」があなたの知りたい情報をお届けいたします

English UK Partner Agency
English UK Partner Agency