イギリスの住所の仕組みを知ろう Part 1:ポストコードに注目


イギリス一般情報

イギリスの住所は日本の住所と大きく異なるため、あらかじめ住所の書き方・ルールを把握しておくと留学生活や観光旅行で初めての土地に行っても、落ち着いて行動できます。   日本の住所は、郵便番号 → 都道府県 → 市区町村 → 住居表示・地番と大きい区分から小さい区分の順で書きますよね。   例えば、日本の国会議事堂の所在地は以下の通りです。   〒100-0014 東京都千代田区永田町一丁目7番1号   区分ごとにみると、   郵便番号:〒100-0014 都道府県:東京都 市区町村(区):千代田区 市区町村(町):永田町 住居表示:一丁目7番1号   となります。     ところが、イギリスの住所は反対に、小さい区分から大きい区分の順に書きます。   例えば、イギリスの議会の議事堂、ウェストミンスター宮殿の所在地は以下の通りです。   UK Parliament, Westminster, London SW1A 0AA   短く思われるかもしれませんが、以上が正式な住所です。 国外からの郵便等のやり取りでは、最後に国名を追加し、   UK Parliament, Westminster, London SW1A 0AA United Kingdom   もしくは、   UK Parliament, Westminster, London SW1A 0AA UK   と書きますが、それでも日本の住所より短い印象ですね。 国名は「United Kingdom」もしくは「UK」のどちらでも構いません。

30th August 2019

イギリス、UK、イングランド、英国 ー 意外と知らないイギリスの正式名称


イギリス一般情報

「イギリス」という国名は日本語独自の名称で、日本以外では別の名称で呼ばれています。       英語では「United Kingdom」(ユナイテッド・キングダム)や略称の「the UK」(ザ・ユーケー)と呼ばれることが多いです。 正式名称は「the United Kingdom of Great Britain and Northern Ireland」、日本語では「グレートブリテン及び北アイルランド連合王国」です。 「Kingdom(王国)」が「United(連合した)」ため、連合王国としてのUnited Kingdomが成立しました。 日常的に使うには長すぎるため「United Kingdom」や「the UK」という言い方・表記が一般的です。   日本語のように「× Igirisu」と言っても通じませんよ。 1600年頃、ポルトガル語の「Inglês(イングレス)」(Englishの意)が日本に初めてやってきたヨーロッパ人のポルトガル人から日本に伝わり、日本語として定着したといわれています。   927年から1707年まで、現在のイングランドとウェールズの領土に渡り、「Kingdom of England(イングランド王国)」があった時代の話です。 1707年にイングランド王国と「Kingdom of Scotland(スコットランド王国)」が合同し、「Kingdom of Great Britain(グレートブリテン王国)」が成立しました。

27th August 2019

留学@UKはEnglish UK Partner Agencyに認定された数少ない留学エージェントです


留学@UKからのお知らせ

イギリス(イングランド・ウェールズ)に登録がある法人、JAPAN AT UK LIMITEDが運営する留学エージェント「留学@UK」はEnglish UKが運営するスキーム「English UK Partner Agency(イングリッシュ・ユーケー・パートナー・エージェンシー)」に認定されています。   English UKの公式ウェブサイト内に留学@UKのプロフィールが掲載されています。 https://www.englishuk.com/partner-agency-directory?id=511&letter_index=$active_letter   English UKはイギリス・ロンドンに本部を構える、イギリス(イングランド・ウェールズ)に登録がある法人・チャリティー団体です。 主な活動として、留学生の英語教育の発展のため、英語教育界のスタッフトレーニング、エージェントトレーニング、British Council(ブリティッシュ・カウンシル/英国文化振興会、イギリス政府により設立された公的な国際文化交流機関)との協力による教育機関の品質保証とコース認可、留学生向けの情報提供・指導・無料の苦情処理を行なっております。   そのEnglish UKが留学エージェントを評価する枠組み「English UK Partner Agency」認定にはこれまでの実績、English UKメンバー3団体からの推薦を受けることが必要があり、English UK主催のイベントへの参加が求められます。

30th July 2019

2019年度第2回のYMS抽選の詳細が発表されました


YMS (Tier 5 Youth Mobility Scheme/ワーキングホリデー)

YMS(Tier 5 Youth Mobility Scheme、いわゆるワーキングホリデー)の2019年度第2回抽選の詳細がイギリス政府より発表されました。   2018年度と同様に年2回、1月と7月の抽選、年合計1,000名の抽選枠とのことです。 1月抽選では800名が選ばれ、残りの枠が7月抽選に割り当てられます。   以下、イギリス政府が発表した2019年度第2回抽選(7月)のYMSの情報の引用です。 Youth Mobility Scheme 2019 (日本国籍者) -第2回抽選   2019年度Youth Mobility Scheme第2回目の抽選は2019年7月に行われます。   日本国籍者が対象となる定員は2019年合計で1000名です。この定員が、1月と7月に行われる2回の抽選に分けられ、800名が1回目に行われた2019年1月の抽選にて選ばれました。7月に行われる2回目の抽選にて残りの枠数が適用されます。申請が許可されると、英国に最長2年間滞在ができ、就労及び就学が可能です。 申請方法 2019年度Youth Mobility Schemeの申請を希望される方は、Eメールを日本時間2019年7月10日(水)12時(正午)から2019年7月12日(金)12時(正午)の間に JapanYMS2019.ballotrequest@fco.gov.uk 宛てに1通のみお送りください。 メールの題名にはパスポートと同じ表記の申請者氏名、生年月日(日/月/年)およびパスポート番号を必ず明記してください。   例:ASATO Yoko – 31/01/1985 – Passport123456789  

4th July 2019

2019年6月版 イギリス・ロンドンの物価


イギリス一般情報

留学エージェント「留学@UK」はSkype・LINEによる無料留学カウンセリングにて、ご希望のイギリス留学内容だけでなく一人一人の夢やご希望、留学を考えるに至った経緯等を伺って、総合的に最適な留学プログラムをご提案しております。 設立当初から現地ロンドンにオフィスを構える留学エージェントである強みを最大限に活かし、語学学校やホームステイ滞在先のホストファミリーを実際に訪問し、在英歴の長いスタッフの目で判断した厳選の留学プログラムをご提供しております。 語学学校やイギリス留学生活のありとあらゆる疑問、イギリス各地の最新情報まで、留学カウンセラーに日本語で質問できる安心があります。 夢のイギリス留学中も現地から時差なく些細な疑問・質問にもお答えできる安心サポートを提供しております。   無料留学カウンセリング中のみなさまからのご質問の中で特に多いのは、やはり費用についてです。 留学をするにあたって、お金の心配はつきものかと思います。   そこで、今回は「2018年6月版 イギリス・ロンドンの物価」から1年経った2019年6月の最新情報をお伝えし、イギリス・ロンドンの物価がどの程度のものか、目安となる物と合わせてご紹介いたします! 2018年6月からどの程度物価が上昇したのか、以下の記事と合わせてご覧ください。

28th June 2019

2019年 イギリス留学の傾向


語学留学

暖かいを通り越して、夏のように暑い日々が続いているイギリス・ロンドン、みなさんはいかがお過ごしですか。   留学エージェント「留学@UK」は現地ロンドンにオフィスがあるため、定期的にスタッフが学校・ホストファミリー訪問を行い、みなさんの実際の留学生活が快適に過ごせるかどうかを判断しているからこそ、イギリス現地の最新情報と合わせ、自信をもって厳選したおすすめの語学学校とホストファミリーのお宅でのホームステイ滞在を含む、総合的な留学プログラムをご案内しております。 イギリス現地在住歴の長い日英バイリンガルのスタッフが常駐する留学エージェントだからこそ、活きた情報を正確に把握し日本語でいち早くみなさんにご提供できます。 語学学校に関するご質問から、みなさん気になるイギリスの食事、YMSでの就職事情、トイレ事情、電車・地下鉄・バスの乗り方や乗り換え、こういうときはどうするの?といったありとあらゆるご質問に実生活の経験を交えて答えられるのはイギリス現地にある留学エージェントの強みです。 「日本の留学エージェントの担当者には答えてもらえなかったイギリス留学の疑問が解決できました」や「イギリス現地在住の留学カウンセラーにご相談できて安心しました」という嬉しいお声をいただいております。

26th June 2019