留学@UKはあなたの人生を変える留学を現地から安心サポートするイギリス留学専門エージェントです。

twitter facebook お問い合わせメールでのお問い合わせ LINE ID: ryugakuatuk1(営業時間10:00〜18:00*)LINE ID: ryugakuatuk1 (ロンドン時間平日10:00〜18:00)

海外での初めての自炊生活で困っていたら、シェアメイトが助けてくれました。

シェアメイトが僕の食事を心配してくれて、料理を作ってくれるように

 

イギリスに来て、初めて自炊生活をしただったんですけど、僕、料理があまりうまくなくて、ていうか実は実家以外で暮らすのが初めてでして。

結局、「親子丼」「焼き肉丼」「ボロネーゼのパスタ」の3つをローテーションさせていただのですが、やっぱ、体調も崩すようになってしまって困っていたんですよ。

そんな時にシェアメイトのイギリス人の女の子が

「マーズ(あだ名)、だめじゃない、それじゃ。」

と声をかけてくれて、それから一緒に料理をしてくれたり、教えてくれるようになったんです。

 

■ちなみにそれはおいしかったですか?(もしかしてまずかった?)

英国のシチュー

英国のシチュー

 

「はい、実は正直言うとあまりおいしくなくて。。。。味が薄いんですよね。。。

でも、気持ちがうれしくて。

でも、多分あまり口にあわない事に気づいてくれたのか、単に日本の調味料に興味を持ち始めたのかわからないんですけど、一緒に料理をするようになりました。

最終的には、「昆布つゆで煮た温野菜にチーズをかけた新メニュー合作ができたんですけど、これがほんとおいしいんです。

彼女も、だんだん日本に興味持ち始めてくれて、本当に留学をしてよかったなぁと思います。

(20代 男性 イギリスの大学に留学、現在ブライトンにてファンデーションコースに在学中)

 

留学@UKからのワンポイントアドバイス!
「シェアハウスで、イギリス人と仲良くなれるかはキッチンにいる時間が鍵!」

シェアメイトとのパーティー用の写真をオーブンで焼いている様子

シェアメイトとのパーティー用の写真をオーブンで焼いている様子

 

イギリスのシェアハウスは正確には「シェアフラット」と呼ばれるところが多く、リビングなどがなく、「キッチンとトイレとバスが共同で、個人の部屋(シングルルーム)がある」という形式の物が多いです。

フレンドリーなシェアハウスかと思ったら、個々人の生活が独立したアパートに近いイメージのところもあるので、フレンドリーな場所かと思って入居したら、

「予想以上に、みんな社会人でほとんど家にいなくて、部屋にいる時間も長いのでほとんど会話がない・・・・・」

なんて事もありえるのが実態。

でも、今回のように、キッチンは一番シェアメイトと時間を過ごせる場所。気さくに話かけてくれる事も多いですし、

「自分から話しかけたらフレンドリーにしてくれて、2人でショッピングやテニスをする約束をしました!」

という留学生もよくいます。

リビングがある場合は長くいるようにして積極的に話しかけてみましょう!

留学中の滞在方法はこちらのページをご参考にしてみてください。

また、シェアハウスの他にシェアルーム(2人以上で1つの部屋を使う)という方法もありますので、ご興味ある方は留学@UKブログもあわせて!

“Don’t be shy!(積極的に!)”