あなたの人生を変えるイギリス留学を現地から安心サポート!
twitter facebook お問い合わせお問い合わせ Skypeで問い合わせSkypeで問い合わせ LINE ID: ryugakuatuk1(営業時間、月〜日曜:18:00〜26:00*日本時間)LINE ID: ryugakuatuk1 (ロンドン時間平日10:00〜18:00)

76bb863a1ef4ef689366c636ec0b7214_s

イギリスの医療制度、GP登録のやりかた!その2

By admin, 2016年9月8日→blogトップへ戻る

こんばんは、留学@UKカウンセラーの笠井理華子です!

前回の記事(http://www.ryugakuatuk.com/blog/?p=4089)に続いて、今日は実際にGP登録に言った際の流れをご案内します。

 

まずはレセプションで問診票のフォームを提出

61e76f6140d736a1dccce98582b2b4f0_s

今日何時に予約をしています、といった流れでレセプションとお話をして、自分の身分証明(パスポート)と住所証明(大家との契約書)とあわせて記入済みのフォーム、尿検査のボトルを提出します。

そのあと担当の人と、フォームの記入の仕方などに関して話し合い、全て揃っている事が確認できたら、そのままナースに名前が呼ばれるまで待つだけ!

 

※フォームの記入の際、「Next of Kin(親族)は国内にいないのか」と言われましたが、英国に親族がいない事を正直に答えて「何か緊急で国内の誰かに連絡を取る必要があったら会社に連絡をしてほしい」と言ったら承諾してもらえました。

 

 ナースとのやりとり

ac40f33768f01f9c0a84ec01af945973_s

しばらく待つとナースに名前を呼ばれたので、ナースのお部屋に移動。(まぁ画像のような白衣のナースではないですが…。)

まずは尿検査で、糖尿の傾向がないかの確認。これはリトマス紙のような物を使っての検査なので一瞬で終わります。

その後に普段の食生活、飲酒、喫煙、運動量などの質問をされます。最近飲酒量が多く、運動もさぼっている笠井は怒られるんじゃないかとヒヤヒヤでした。そして血圧、身長体重とウエストサイズを測られました。

 

基本的なチェックはここまでで、新しく登録する患者は、HIVのチェックもその場でできるとの事でした。希望されない場合は、ここで断る事も可能です。

6c81ea5def914c4ba4f85e785c70541b_s

HIVのチェックと言うと、注射器で大量の血を採られて、しかも結果がわかるまでに最低でも数時間はかかるイメージだったのですが、フィンガープリックという指先を針のような物で少し切るだけで良く、すぐに結果がわかるチェックという事で、自分は陰性と分かっていながらも、ついでなのでやってもらいました。

フィンガープリックに関しては、「Finger Prick」で画像検索をするとわかりやすいと思います。

 

イギリスはタトゥー、ピアスやドラッグなどをしている人も多いので、HIVの人も意外といるとの事です。

指先の血を少し無理矢理ひねり出されたので、多少痛かったですが、特に断る理由もない場合は皆さんもお受けになった方が良いかもしれません。(その日は少し指を使う作業は痛かったですが…。)

 

ドクターとのやり取り

b24ad6f6e521b030d26cf6bc127c9096_s

ナースとの面会が終わった後は、ドクターに呼ばれるまでまた待合室で少し待ちます。私が待ったのは10分程度でした。

ドクターとのやり取りは非常に簡単な物で、自己紹介の後、薬に関してアレルギーは無いか、家族に糖尿病患者はいるか、家族にガンの人はいるか、などの質問に答えるだけ。

ただ、病気の英語名はわかりにくいかもしれないので、電子辞書を持って行くか、予め家族が成人病などを患っている場合はその名前を事前に調べておくと良いですよ。

 

もしも現在健康だと思う場合は、そのままドクターと面会終了、何か現時点で健康に不安がある方はドクターに相談をして再度アポイントメントを取る形となります。

 

費用は?

NHSは国が提供しているサービスなので、診断費は原則無料です!

薬代は別途自分で負担しなくてはいけないのですが、今回の健康診断は全て無料なので、ドクターとの話し合いが終わった後はそのままレセプションと何もやりとりをしなくて大丈夫です。(さすがにサンキューぐらいは言って帰った方が良さそうですが…。)

 

GPはなかなか予約が取れなくて大変なサービスですが、とりあえず登録はしてみて損はないように思います。他の国のメディカルセンターに行くのは不安でしょうが、勇気をだしてくださいね!

 

 

本日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。よろしければ留学@UKのサイトや、現ロンブログのトップページもご覧ください。

 

人生を変えるイギリス留学を現地からサポート

 

留学@UKがイギリスからどこよりも留学情報を発信中

↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

 


What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>