あなたの人生を変えるイギリス留学を現地から安心サポート!
twitter facebook お問い合わせお問い合わせ Skypeで問い合わせSkypeで問い合わせ LINE ID: ryugakuatuk1(営業時間、月〜日曜:18:00〜26:00*日本時間)LINE ID: ryugakuatuk1 (営業時間10:00〜18:00*LONDON時間)

イギリス留学 木田流 ロンドンの楽しみ方!

By admin, 2014年10月16日→blogトップへ戻る

皆さんこんばんは、留学@UKの宮原です。

本日は、留学@UKで留学に来てくれ、そしてホームステイ先まで送迎させて頂きました木田さんにインタビューさせて頂きました!普段は語学学校に通う、普通の27歳女性。しかし、彼女なりのロンドンの楽しみ方を今日は紹介させて頂きます。YMSビザで留学していらっしゃいます!!

イギリス留学 木田流 ロンドンの楽しみ方!

なんと!彼女は大のフットボールファン!そんな彼女は、英語の上達と、フットボールを楽しむという事を目標にYMSで渡英しております!!!!そんな彼女に今日はオフィスに来て頂き、彼女なりの、イギリスの楽しみ方を教えてくれました!

日本人女性、一人でプレミアリーグ観戦!

木田さんに、インタビューしてみました!!!

以下宮原 M 木田沙央理 K

M:プレミアリーグが留学をイギリスに決めた一つの理由としてあると仰っていましたが、プレミアリー グを好きになったきっかけを教えて下さい。

K:プレミアリーグというよりは、サッカーが好きになりました。日韓のワールドカップのときに長居スタジアムの近くにに住んでいて、また、サッカー部のマネージャーもしており、その時お付き合いしていた方がかなりのサッカー好きで、そこから始まりました。高校のときは男子はみんなベッカムヘアーとかにしてましたし。

その彼氏と別れた後も相変わらずサッカーが好きで、サッカー好きの友達(男性が多いのですがが)スポーツバーにチャンピオンズリーグを見に行ったりしていました。J−Leagueも見ていましたがDFがざるなので、面白くなく、海外の方が面白くて、格好いい人がたくさんいるので(笑) 後はスペインがとても好きでした。余り大きい人もいないのに無敵だったので!

けど、留学をイギリスに決めたきっかけは、何より英語を学びたかったからです。そこで更にプレミアが見れるのでロンドンに決めました。

M:実際イギリスに来てみて驚いた事や、フットボールに対する文化の違いみたいなものはありますか?

K:スタジアムに行ったときに、日本だと若い男の子もしくは女の子、年配の男性が多いのですが、こちらは年配の女性の方も見に来ていらっしゃっていて、それはとても驚きました。また、近所の至る所で子供達がお気に入りのフットボールシャツを着ていたりと、フットボールが生活のすぐ近くに感じられます。

M:現在サポートしているチームは、どこですか?好きな選手はいますか?

K:アーセナルです。4大クラブで、アーセナルが現在住んでいるマナーハウスというところから近いからです。昔から好きだったとか言いたいんですけどね(笑) アンリは凄い好きでした!エジルかアレックスか、でもユニフォームはエジルを買いました。後、一番最初にホームステイ先の息子さんが大のアーセナルファンで、君はマストでアーセナルファンにならないとねと言われたのもありますね。

 

M:一番印象に残っているゲームはどのゲームですか?

K:引き分けでしたが、ノースロンドンダービーのスパーズ戦がやはり一番盛上がりました。ローワーの席(ピッチから近い下の方の席)が70ポンドぐらいでしたが、とっちゃえっと思って!一席しか無くて何とか購入しました。スタジアムに到着し、警備員さんに席を聞いたらその人が間違えて本当は三つぐら後ろの列だったのですが、相当コアなファンの席に案内され、そのあたりの席は皆顔見知りの席だったのに、アジア人の日本人がいる事がとても不思議なようでたくさんの質問をされました。どうやってこの席とったんや!ときかれ、レッドメンバーですといったらとても驚かれました。何年も待ってようやく手に入る席なので。また、日本人ですというと稲本!と言っていました。

しかし、語学学校や、街ではJapaneseですと伝えたら本田!と言われます。私は個人的には長友選手の方が好きなのですが。

 

M:メディアの使い方がうまいからかもですね。冗談ですが車のメーカーという事もあるでしょう。チケットを入手する事が非常に困難だと思いますが、特にアーセナルは難しいと聞きますがどのように入手されていますか?

K:レッドメンバーというものにまずはなりました。実際にチケットをとるには、公式のサイトにいき、レッドメンバーでも購入出来る日迄まち、(一番最最後の順番なので)、ビッグマッチになるとあさの10時にやると回線がパンクするし、次見ると大体売り切れてしまうのですが、試合の数日前にちょくちょくウェブサイトを確認するとたまに空いている席があるので購入します。

M:チケットの料金はいくらするのですか?

K:ピンキリですが、この前のスパーズ戦は70.5ポンド+ブッキングフィーでしたし、クリスタルパレスは43ポンドでした!

M:女性一人で、スタジアム観戦とは肝が据わっていると思うのですが、危険な目にあった事はありませんか?フーリガンとか怖いでしょう?

 

K:本気のサポーターがいる、ゴール裏などはとらないようにしています!

英語はあんまり喋られないから大丈夫ですが、ローワーはもしかしたら不安かもしれないのでアッパーかお友達と行くのが良いかもです。勿論鞄とかお財布とか携帯とか気をつけるべきですが。

 

 

ただ、同じチームを応援しているひとたちなのでみんな優しいですよ!

 

怖い目にあった事はありませんしむしろ楽しんでいますよ!

スパーズ戦の時にあった人は、試合がある度に電話をくれるんですよ!!

M:今シーズンプレミアリーグの順位予想をして下さい。

 

K:ええー!?!?!優勝はチェルシーかなー?アーセナルは無いかなと。。。

M:今シーズンの観戦された試合で、強い対戦相手はどこでしたか?どんなフットボールをしていましたか?そのときのスタジアムの雰囲気は?

K:マンシティー。先制点をされて、その後勝ち越したのですが結局同点にされてしまいました。アーセナルのDF陣が余り機能していなかったように思います。ただ良く同点でおわれたなという印象もありました。開幕戦はとても盛上がりましたしたし、スパーズ戦はローワーだったのでもっとワイワイという感じでした。シティーのときは皆さん落ち着いてみていた感じがあります。スパーズのときはスパーズファンが近くにいたので凄いヤジ合戦をしていたので!

M:アーセナルのユニフォームを購入されたようですが,いくらぐらいしましたか?スタジアムでは皆がユニフォームを着ていますか?

K:ネームやら、ロゴを方に入れたりしたので、また、私は子供サイズを買ったので、50ぐらいだったような気がします。マフラーも一緒に買いました!

スタジアムで全員が来ている訳ではありませんし、ぜったいきていかないかんということはないです。相手チームのカラーの服を着るのは御法度ですが。

ここからは女性目線の質問!!!

M:折角イギリスにいるからという理由で行ってみたい女性もたくさんいると思いますが、ルールが分からなくても楽しめますか?

K:雰囲気が凄く楽しめると思いますが、ルールを知っている方がより楽しめます。見にくい席もあるので、知っている方がいいと思いますー!

M:ファンじゃないのにいってもいいですか?

K:勿論いいでしょう!けどファンじゃないという事を言わない方がいいと思います。ただ、経験として行くのはとてもいいと思いますよ!

M:どっちの側で見たらいいですか?

K:アウェイはチケットをとるのがとても難しいので、ホームで見る事をおすすめします。

M:女の子一人でいって浮かないですか?女性のファンもいるのですか?

K:いますよ!女の子同士で行っている日本人もいますしね!!ローワーだと浮いてましたけどね。。。

M:最後にアーセナルの魅力を教えて下さい。

観戦をしていて何が一番楽しいですか?

K:応援しているチームが得点したときは最高潮に盛上がります!

 

木田さん本当に有り難うございました!!!!!

また、フットボール以外でも語学学校のお友達と仲良くしていらっしゃるようです。クラスの先生にまれに見る仲のいいクラスですねと言われるぐらい皆で食事に行ったり観光に行ったりするそうです。今週末はパリにお友達と行くそうです!ロンドンのいいところは週末に他のヨーロッパの国に遊びに行ける事ですね。

語学学校でお友達になった国に遊びに行き再開するのも語学留学の醍醐味ですね。

本日もブログを読んでいただき、ありがとうございます。よろしければ留学@UKのサイトや、現ロンブログのトップページもご覧ください。

 

→イギリス留学を現地から安心サポート! 留学@UK
→イギリス留学現地発ブログ「現ロン」

 

↓ ランキング応援クリック、よろしければお願いします。
にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

 

 

 

 


What do you think?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>