12 x 12まである!イギリス式かけ算九九「Times tables」


イギリス一般情報

前回の記事「カレンダーはこぶしで覚える!イギリス式『西向く侍』」に引き続き、日々の生活に役立つイギリス情報として、今回はイギリス式のかけ算九九のご紹介です。   かけ算は英語で「Multiplication(マルティプリケーション)」といいます。 九九の表は「Times tables(タイムズ・テーブルズ)」といいます。 「Multiplication tables(マルティプリケーション・テーブルズ)」ともいい、こちらがより正式な呼び名ですが、口語では言いやすい「Times tables」を使うことが多いです。   複数の表、テーブルがあるため、複数形の「Tables」となります。   九九はその名の通り「9 x 9」までですが、イギリスでは「12 x 12」まで覚えます! 1ダースや時間、カレンダーのように12という数字は生活に根付いているため、12の段まで覚えるのは生活の知恵かもしれません。   【イギリス式かけ算表】 (クリックで拡大)   かけられる数(一つ目の数)は1から12まで固定で、かける数(二つ目の数)が段によって変わります。 日本の、1 x 1 → 1 x 2 → 1 x 3…とは反対ですね。   日本の小学生より覚える数が多くて大変に思われるかもしれませんが、日本の小学2年生が数ヶ月かけて学ぶかけ算九九をイギリスの小学生は数年かけてゆっくり学ぶことが一般的ですので、あまり心配はいりません。 イギリス・イングランドでは通常、9月はじまりの年度内に5歳になる年(つまり9月時点で4歳後半から5歳)に小学校(Primary School)へ入学しますが、2年生(Year 2/6-7歳)では理解しやすい「2・5・10の段」から学びます。 学年が上がるにつれて他の段も学びますが、10の段までは覚えるようにし、12段全てを覚えなくてもよいとされています。 個人の習得状況によってある程度の差が認められるのもイギリス式の教育の特徴の一つです。 比較すると日本の小学生2年生がたった1年間で9の段までのかけ算を全て覚えるのはとてもすごいことですね!   日本語だと「1 x 1」を「いんいちがいち」というようにリズムよい言い方がありますが、英語での言い方は色々あります。 以下は、広く使われている表現ですがこの他の言い方もあります。     【方法 1】かける数「times」かけられる数「is」答え (一般的な言い方です)   One times one […]

19th February 2018

カレンダーはこぶしで覚える!イギリス式「西向く侍」


イギリス一般情報

2018年も早1ヶ月が過ぎ、もう2月ですね。 2月は28日までしかなくあっという間に夏時間が始まる穏やかな気候の3月の到来が待ち遠しい限りです。   30日までの月と31日までの月の覚え方に、日本語で「西向く侍(にしむくさむらい)」というのがありますね。 「二四六九士」(武士の士が十一を表しています)という2・4・9・11の月は30日まで、2月は例外的に28日、閏年は29日まであるという、31日までない月をまとめて覚える方法がありますが、イギリス式の覚え方を紹介します!英語圏では共通の覚え方かもしれません。   まず、こぶし(fist)を握ります。 そして、指の関節の突起部分(knuckle)とその間のくぼみ(valley)を左手の左端から順に数えると31日までの月がいつかが分かります!   以下のイラストのように1月から7月を左手のこぶしで数え、右手のこぶしで8月以降を数える方法と、片手で8月からを折り返し数える方法があります。 片手で数える方法は、7月と8月は31日まであるので同じ左手の人差し指(もしくは右手の小指)の関節の突起部分で数え、9月から左方向に戻ります。左右どちらの手でも数えられます。     他にも、以下のような文章で覚える方法もあります。   Thirty days hath September, April, June, and November; All the rest have thirty-one, Excepting February alone, And that has twenty-eight days clear And twenty-nine in each leap year (hath=has、古い英語の3人称単数現在形のhave)   [訳] 30日は9月 4月、6月、11月 残りは31日 2月は違って 28日 閏年は29日   日本語は語呂合わせでテンポよく覚えられますが、英語にはそのような覚え方があまりありません。 歌を歌うように口ずさむことも多いですが、それでも日本語の九九のように簡単ではありません。 […]

5th February 2018

英語力を高めてイギリス生活満喫!最長11ヶ月間の長期語学留学プラン


語学留学

先日YMS2018年1月抽選の結果が応募者にメールで送られましたが、やはり1月抽選の800名の枠は狭き門。 こればかりは運ですので、今回当選とならなくても別の方法、「長期語学留学」でイギリス留学する方法があります。   現地ロンドンにオフィスを構える留学エージェント「留学@UK」は現地の最新情報を元にYMSの方向けのプランを手数料無料にてご提供できますが、長期語学留学プランも手数料無料にて全力サポートいたします。   2018年1月現在、YMSは18歳から30歳までの方が対象ですが、最長11ヶ月間の長期語学留学のためのビザ「Short-term Study Visa」は16歳以上の方が対象です。 ビザの事前申請が必要となりますので、3ヶ月前からの余裕あるお申し込みをお願いしております。   (クリックで拡大)   語学学校によって費用が大きく異なるため、留学@UKでは11ヶ月間の長期語学留学プランとして3つの語学学校の費用の差を比較紹介しております。   プランA £12,200 プランB £16,400 プランC £18,100   11ヶ月間の語学学校の費用とホームステイ費用を合わせた費用の目安となりますが、全て概算ですので詳細はお問い合わせください。 留学カウンセラーが現地の最新情報を元に一人一人のご予定に合わせた語学学校、期間、都市のご提案が可能です。   留学@UKではイギリス生活を満喫し、文化面も学べるホームステイをおすすめしております。 ホストファミリーと英語で話す機会があるホームステイを語学留学と合わせることで英語が伸びたという嬉しいお声を聞いています。 英語力の伸びは授業以外でいかに英語を使えるかが鍵! イギリスの一般家庭に滞在し、生きた英語に触れてみませんか。   留学@UKが提供するホームステイは週£195で、毎日の朝食と夕食がつきます。 毎日の食事がつきますので、ご自身で部屋を借りるよりもお得になる場合が多いです。 提携先のホストファミリー はイギリス各地に60家庭以上ございますので、ご要望に沿ったホストファミリー のご提案が可能です。   やはり語学留学は長期間の方が英語力が高まります。 最長11ヶ月間の長期語学留学で最上級クラスの英語力まで高めることができたら、帰国後の選択肢を広げることもできますね。 ご予定や興味に合わせてIELTSやケンブリッジ検定の試験対策コースのご提案もできます。   11ヶ月間の長期語学留学で英語力を高めた後に、YMSで2年間働くという長期計画を立てることもできます。   そしてなにより留学前はもちろん、留学中に現地ロンドンのオフィスから時差なく、同じ留学カウンセラーが日本語で対応できるのは留学エージェント「留学@UK」の強みです!   みなさまからのお問い合せをお待ちいたしております。     (費用は全て2018年1月現在の情報によります)     イギリス留学エージェント「留学@UK」がお送りするブログ「現地ロンドン」をお読みいただきありがとうございます。 イギリス留学は留学中の現地サポートも充実している「留学@UK」までお気軽にお問い合わせください。 以下のボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。 にほんブログ村

29th January 2018

ホストファミリーにお土産は必要ですか?


ホームステイ

留学エージェントの「留学@UK」はイギリス各地のホームステイを提供しているため、ホームステイを受け入れてくれる一般家庭のホストファミリーにお土産を持っていくべきか、そして何を渡すべきかという質問をよくいただきます。   お土産を渡したい気持ちがあって荷物に余裕があれば渡してもいいですが、決して必須ではありません。   何かをしてもらう前に「よろしくお願いします」という気持ちを込めてお土産を渡す文化がイギリスにはありません。 お世話になった感謝の気持ちを示すために、何かをしてもらった後に贈り物をすることが一般的です。   もしお土産を渡したいという方は、以下のものをご検討いただいてはいかがでしょうか。 箸 扇子 抹茶味のお菓子 金平糖   日本食や中華料理、特にすしが好きな方も最近は多いので箸は喜ばれるかもしれません。 ただし、イギリス社会は性差別や不平等さに非常に敏感ですので、夫婦箸のように性別によって大きさや形が違うものを贈るのは重大な問題になりかねませんので絶対に避けましょう。   キットカット抹茶味や金平糖のように日本を感じられる安価なお菓子を贈るのもいいかもしれませんが、アレルギーや思想、宗教等により、ホストファミリーに食べてもらえないこともあることを留意してください。 また、イギリスは食に関して保守的な方がとても多く、異文化の物は一切口にできない場合もあります。 悪気はありませんので、食べてもらえたらいいな、食べてもらえなかったら自分で食べよう程度の気持ちで構えてもらえるといいかと思います。   数千円する高価なものを贈る必要はありません。 特に箱に入っている必要はありませんし、包まなくても失礼にはなりません。   環境に配慮し無駄な梱包は極力避けたい方がとても多くなっていますので、日本に多い過剰包装は嫌がられることもあります。 個包装になっている必要もありません。   風呂敷か手ぬぐいで包んで、日本文化を説明し、包みも再利用してもらうのもいいかもしれません。     イギリス留学エージェント「留学@UK」がお送りするブログ「現地ロンドン」をお読みいただきありがとうございます。 イギリス留学は留学中の現地サポートも充実している「留学@UK」までお気軽にお問い合わせください。 以下のボタンをクリックしていただけると更新の励みになります。 にほんブログ村

5th January 2018